再生可能エネルギーの記事一覧

電力を安定供給する「同期現象」の基本原理解明 東京工業大学

 東京工業大学らの研究グループは、電力の安定供給に欠かせない電力ネットワークの発電機群の同期現象を、 […]

アンモニアを効率よくクリーンに燃焼 熊本大学が新規触媒を開発

 近年、アンモニアは二酸化炭素を排出しないカーボンフリーな石油代替燃料として注目を集めている。アンモ […]

5年間で国内の再生可能エネルギー供給は約2.6倍に 千葉大学が最新結果公表

 千葉大学と環境エネルギー政策研究所は、日本国内の市町村別の再生可能エネルギーの供給実態などを把握す […]

日米欧の電力網の周波数変動を国際協力で解析 東京大学など

 東京大学生産技術研究所の合原一幸教授は、ドイツおよびイギリスと国際共同研究を行い、日米欧の電力網で […]

千葉商科大学、大学所有の発電所を活用し日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指す

 千葉商科大学は、地球温暖化対策等の重要社会課題に対する環境目標を設定し、大学所有のメガソーラー野田 […]

京都大学ら、アンモニア燃料電池で世界最大規模の発電に成功

 京都大学、ノリタケカンパニーリミテド、IHII、日本触媒、豊田自動織機、三井化学、トクヤマは7月3 […]

地熱水からの水垢生成をリアルタイムで計測、富山大学が新センサーを開発

 化石燃料の代替エネルギーとして注目されている地熱利用。その促進に大きな役割を果たすセンサーを、富山 […]

太陽光発電の自家消費拡大へ、最適運用モデルの提案 東京大学

 再生可能エネルギーの普及拡大を目指して開始された家庭用太陽光発電システムの固定価格買取制度。201 […]

広島大学とマツダが藻から自動車燃料を共同研究

 広島大学とマツダは広島大学大学院理学研究科内に「次世代自動車技術共同研究講座藻類エネルギー創成研究 […]

国内の再生可能エネルギーが4年間で倍増、千葉大学調べ

 国内の再生可能エネルギー供給が2016年3月末までの4年間で倍増していることが、千葉大学大学院人文 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3