創薬の記事一覧

「顧みられない熱帯病」制圧に新たな創薬手法 東京工業大学

 東京工業大学などの研究グループは、WHOが制圧を目指す20の疾患群“顧みられない熱帯病”のうち、シ […]

iPS細胞からヒト肝臓モデルを構築 東京大学

 東京大学の研究グループは、肝非実質細胞の同定・分取に成功し、その解析結果をもとにヒトiPS細胞から […]

北海道大学ら、老化した皮膚の「若返り」のしくみを解明

 北海道大学病院皮膚科の夏賀健講師をはじめとする共同研究グループは、コラーゲンの一種である17型コラ […]

大阪市立大学、本物の皮膚に近い“培養真皮”の開発に成功

 大阪市立大学大学院医学研究科の吉里勝利特任教授らのグループは、日本メナード化粧品株式会社との共同研 […]

東京農工大学と岩手大学が共同獣医学専攻の設置を計画

 東京農工大学と岩手大学は2018年度から大学院に博士課程の共同獣医学専攻を設置する。両校が進める共 […]

東京大学、細胞の「休眠状態」を理論的に解明

 東京大学大学院総合文化研究科の金子邦彦教授と姫岡優介博士課程学生は、計算機シミュレーションと理論生 […]

不安による不眠のメカニズム解明 筑波大学など

 不安などの情動が不眠症の一因となることはよく知られている。しかし、その背景にある神経科学的なメカニ […]

世界初、光学活性なアジリジン化合物の新しい合成法 名古屋工業大学

 名古屋工業大学の中村修一准教授らは、世界で初めて、光学活性なアジリジン化合物の効率的かつ新しい合成 […]

大阪大学ら、脳の全体像を精密な分解能で観察できる新技術を開発

 大阪大学大学院薬学研究科の橋本均教授、笠井淳司助教、未来戦略機構の勢力薫特命助教らの研究グループは […]

東京大学、世界最新の技術で創薬のブレークスルーに貢献

 東京大学分子細胞生物学研究所附属高難度蛋白質立体構造解析センターの豊島近教授は、生体膜を構成してい […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4