創薬の記事一覧

抗うつ薬が効く正確な理由解明、グリア細胞が役割 山梨大学など

 山梨大学の小泉修一教授らの研究グループは、うつ病治療薬が、神経細胞以外の新しい標的細胞「アストロサ […]

大阪大学が水素を活用したクリーンなアミノ酸合成法を実現

 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻の星本陽一講師らの研究グループは、ホウ素を含む有機分子触媒と水 […]

千葉大学が薬用植物・機能性植物の栽培拠点を構築、富士通と実証研究を開始

 千葉大学環境健康フィールド科学センターの渡辺均准教授の研究グループは、薬用植物・機能性植物の種苗に […]

胃酸を分泌する胃プロトンポンプの構造を世界で初めて解明 名古屋大学

 名古屋大学細胞生理学研究センター/大学院創薬科学研究科の阿部一啓准教授、藤吉好則客員教授らの研究グ […]

サリドマイドの左手型催奇形説を分子レベルで解明、40年間の謎に終止符

 奈良先端科学技術大学院大学の箱嶋敏雄教授、東京医科大学の半田宏特任教授、名古屋工業大学の柴田哲男教 […]

早稲田大学と東京薬科大学、サリドマイドの脳梗塞に対する薬効メカニズムを解明

 早稲田大学の澤村直哉研究院准教授らの研究グループは、東京薬科大学との共同研究で、サリドマイドの脳梗 […]

「運動すると健康になる」一例を培養筋肉で実証 東北大学

 運動に健康効果があることは、経験的には知られているものの、その仕組みはほとんど知られていない。最近 […]

膵臓にも嗅覚受容体が発現、におい物質の作用で高血糖改善へ 東北大学など

 においを感じるためのタンパク質である「嗅覚受容体」は、鼻の神経に存在し、空気中のにおい物質を感知す […]

ゴキブリの成長阻害遺伝子を発見、 狙い撃ちできる殺虫剤開発に期待 中部大学ほか

 中部大学の長谷川浩一准教授らは佐賀大学と共同で、ゴキブリの遺伝情報を解析することで、脱皮に影響を及 […]

体に優しいオメガ3脂肪酸がアレルギーを促すことを発見 東京大学

 オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用、抗動脈硬化作用を持つと言われ、一般に「体に優しい脂肪酸」として認識さ […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6