医療の記事一覧

岡山大学 パーキンソン病とたんぱく質の変性

 岡山大学の上原孝教授らは細胞内でセンサーとして働くたんぱく質が、多量に産生された一酸化窒素(NO) […]

千葉大学で最新研究紹介する医工学シンポジウム

千葉大学フロンティア医工学センターは5日、千葉県千葉市稲毛区弥生町の千葉大西千葉キャンパスのけやき会 […]

総合研究大学院大学など 学習能力は子供時代に形成

 総合研究大学院大学、国立遺伝学研究所、理化学研究所は大人になってからの学習能力が子供時代に形成され […]

京都大学 肝硬変の予防へ 肝臓の炎症を制御する細胞を発見

京都大学の藤田伴子准教授、成宮周特定教授らのグループは肝臓に5%の比率で存在する肝星細胞が肝炎で見ら […]

熱帯病対策で長崎大学など3件の国際共同研究を採択

日本医療研究開発機構は、アフリカの顧みられない熱帯病対策として、長崎大学、北海道大学、東京慈恵会医科 […]

東京大学 「肺に線維が沈着」原因細胞を特定

 東京大学の松島綱治教授らは肺線維症の原因となる細胞の起源を突き止めました。肺線維症は線維が沈着する […]

九州大学など エイズ根治に道

 九州大学の岩見真吾准教授、京都大学の小柳義夫教授、東京大学の合原一幸教授らの共同研究で、HIVの感 […]

京都大学 霊長類の脳を光で操作

 京都大学の高田昌彦教授、筑波大学の松本正幸教授らは、霊長類の複雑な脳神経回路の一部に光を照射するこ […]

東京大学 胎盤形成にはウイルス由来遺伝子が関与

 東京大学の今川和彦教授らの研究グループは哺乳類の胎盤形成に関わる遺伝子は感染したウイルスから取り込 […]

東北大学 動物で脳の損傷を回復

 東北大学の出澤真理教授と冨永悌二教授らのグループはミューズ細胞と呼ばれる人の皮膚に存在する幹細胞を […]
  1. 1
  2. 22
  3. 23
  4. 24
  5. 25
  6. 26
  7. 30