医療の記事一覧

ウイルス感染時の有害な生体防御応答に対する制御機構発見 北海道大学など

 北海道大学遺伝子病制御研究所の髙岡晃教教授らの研究グループは、芳香族炭化水素受容体(aryl hy […]

世界初、植物細胞の形の謎を解明 鍵は頭蓋骨縫合線と数学 九州大学ほか

 九州大学大学院医学研究院の三浦岳教授と今村寿子助教の研究グループは、東京大学およびエルピクセル株式 […]

工学院大学と東京医科大学が共同研究 患者の身体的負担を小さくする治療を開発

工学院大学(東京都新宿区)と東京医科大学(東京都新宿区)は、治療や診断における患者の身体的な負担をで […]

被災地域にDMAT派遣 福岡大学病院

 4月14日に発生した熊本県熊本地方の地震を受け、災害拠点病院となっている福岡大学病院では、翌15日 […]

大阪大学、電通と健康・医療分野で産学連携

 大阪大学大学院医学系研究科、大阪大学医学部付属病院、株式会社電通は、2016年4月12日、「研究・ […]

不妊治療に新たな光 着床の鍵となる遺伝子を特定 東京医科歯科大学など

 母体の子宮内膜上皮で特定遺伝子の発現量が低下すると着床不全を起こすことを、東京医科歯科大学大学院疾 […]

生体磁気計測装置事業化へ、金沢工業大学とリコーが共同研究拠点

 金沢工業大学の大澤敏学長と株式会社リコー(東京都中央区)の三浦善司代表取締役社長は、2016年4月 […]

脊髄損傷後の麻痺改善に成功 神経回路を再生 北海道大学ほか

 北海道大学大学院医学研究科の角家健特任助教は、カリフォルニア大学サンディエゴ校の Mark Tus […]

乳がんの浸潤転移・薬剤耐性分子機構と有効薬を発見 北海道大学ほか

 北海道大学大学院医学研究科分子生物学分野の佐邊壽孝教授、橋本あり助教らは、大阪大学と東北大学との共 […]

末期がん患者、最期は自宅の方が長生き? 筑波大学調べ

 「寿命が縮んでもいいから最期は自宅で」と考える末期がん患者が多い中、自宅へ戻った方が寿命を延ばすか […]
  1. 1
  2. 22
  3. 23
  4. 24
  5. 25
  6. 26
  7. 37