医療の記事一覧

弘前大など 自閉症スペクトラムの方言不使用について調査

 弘前大学教育学部の松本敏治教授らの調査で自閉症スペクトラム(ASD)の人は方言を話さない傾向にある […]

慶應大ら、思春期特発性側彎症の関連遺伝子を新たに発見

 背骨が曲がる疾患である側彎症は、その多くが原因の特定できない特発性側彎症です。特発性側彎症の中でも […]

千葉大 非天然化合物の人工生合成のための革新的な手法を開発

 千葉大学の梅野太輔準教授らは非天然化合物を合成する方法の開発に成功しました。これまでの方法では副産 […]

京大 iPS細胞で人の生殖細胞を効率的に作ることに成功

 京都大学の斎藤通紀教授らは人のiPS細胞から精子や卵子のもととなる生殖細胞を効率よく誘導する方法を […]

大阪府大 ユーグレナの継続摂取により胃潰瘍症状の緩和

 大阪府立大学生命環境科学研究科の中野長久客員教授と株式会社ユーグレナは、ユーグレナ(和名:ミドリム […]

東大 数分で乳腺腫瘍を選択的に光らせる技術を確立

 東京大学の浦野泰照教授、九州大学三森功士教授らのグループによる共同研究で、簡便かつ迅速に手術により […]

自治医科大 ADHDの客観的診断法の基礎を確立

 自治医科大学小児科の山形崇倫教授、中央大学人間総合理工学科の檀一平太教授らの共同研究グループは、光 […]

東大 食物アレルギーの症状抑える分子を発見

 東京大学の村田幸久准教授らのグループはマウスを用いた実験で、食物アレルギーを抑える物質を発見しまし […]

筑波大が地域包括ケアに向けてビッグデータを活用した研究を開始

 筑波大学医学医療系の田宮菜奈子教授を中心に、地域包括ケアに向けてビッグデータを活用する新たな研究プ […]

東大・東工大など、がん治療用ナノマシンを開発

 東京大学の片岡一則教授、東京工業大学の西山伸宏教授らの研究グループはがん治療に活用できるナノマシン […]
  1. 1
  2. 22
  3. 23
  4. 24
  5. 25