医療の記事一覧

九州大学など 抗てんかん薬 胎児期への影響と改善方法

 九州大学の中島欽一教授らの研究グループは東北大学、星薬科大学、国立医薬品食品衛生研究所はマウスを用 […]

奈良女子大学とメルシャン 赤ワインポリフェノールの抗動脈硬化作用を確認

 奈良女子大 生活環境学部の井上裕康教授および中田理恵子講師とメルシャン株式会社が行っている共同研究 […]

東京医科歯科大学 骨粗しょう症の仕組み明らかに

東京医科歯科大学の野田政樹教授らの研究グループは骨粗しょう症の原因の一つとして、骨を作り出す骨芽細胞 […]

山口大学、東洋鋼鈑と“女性向け遺伝子解析キット”開発

山口大学は、東洋鋼鈑株式会社との共同で、乳がんや肥満などの生活習慣病に関連する女性向けの遺伝子解析キ […]

東北大学 がん原遺伝子EVI1が血球増殖や骨の形成に関与

東北大学大学院医学系研究科の新堀哲也准教授らの研究グループは、先天性の骨疾患である橈尺骨癒合症(とう […]

東京大学がユーザー参加型のゲノム研究を開始

 東京大学医科学研究所は、ヘルスケア事業のDeNAライフサイエンス(東京、大井潤社長)と共同で、イン […]

筑波大学 γ-チューブリン特異的阻害剤の開発に成功

 筑波大学生命環境系臼井健郎准教授らのグループは、細胞分裂で重要な働きをする微小管の核形成を促進する […]

岡山大学 天気から歯周病の急性化を予測

 岡山大学の森田学教授らの研究グループは慢性歯周炎が急性化するのは気象変化から1~3日であることを突 […]

自治医科大学 骨髄腫の抗がん剤耐性のメカニズムを解明

 自治医科大学の菊池次郎准教授、古川雄祐教授らは血液がんの一種である多発性骨髄腫の細胞が、遺伝子に変 […]

慶應義塾大学 世界初、ホタルの光で活性酸素を検出

 慶應義塾大学の浦野泰照教授、小林英司教授らの共同研究グループはホタルの発光を利用して、生きた動物の […]
  1. 1
  2. 22
  3. 23
  4. 24
  5. 25
  6. 26
  7. 31