治療法の記事一覧

皮膚バリア形成に最重要な脂質の分子機構解明 アトピー治療に期待 北海道大学

 北海道大学大学院薬学研究院の木原章雄教授らの研究グループは、アシルセラミド産生に関わる酵素遺伝子の […]

京都大学が開発中のアトピー治療薬、かゆみ抑制に効果

 京都大学大学院医学研究科の椛島健治教授らの研究グループが開発中のアトピー性皮膚炎治療薬がかゆみの抑 […]

世界初、バイオ3Dプリンターによる神経再生技術を開発 京都大学など

 京都大学医学部を中心とする研究チームは、佐賀大学と株式会社サイフューズとともに、末梢神経損傷に対す […]

ADHD児の保護者を支援するプログラムを開発 沖縄科学技術大学院大学

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、英国で開発されたADHD(注意欠如・多動症)児童の […]

手技療法を患者の脳活動で評価  明治大学

 明治大学(東京都千代田区)大学院理工学研究科 電気工学専攻の松田康宏さんは、身体の筋肉に対して揉む […]

脊髄損傷後の運動機能回復に重要な脊髄神経細胞を特定 京都大学ほか

 京都大学の伊佐正教授らの研究グループは、脊髄損傷後早期に脊髄内の神経細胞が運動機能回復に重要な役割 […]

数学と実験の融合研究でC型肝炎治療を加速 九州大学など 

 九州大学大学院理学研究院の岩見真吾准教授、国立感染症研究所の渡士幸一主任研究官らの研究グループは、 […]

重度のうつにも認知行動療法が効果、京都大学が発見

 京都大学大学院医学研究科の古川壽亮教授、田中司朗准教授らの研究グループは、認知行動療法が重度のうつ […]

メチル水銀中毒の仕組み解明、水俣病の治療法開発へ 新潟大学

 新潟大学の研究チームは、血管内皮増殖因子(VEGF)が、水俣病で侵される小脳や後頭葉に強く発現し、 […]

PM2.5などの微細粒子によるアレルギー性炎症の発症機構を解明 大阪大学

 大阪大学の石井健特任教授らの研究グループは、微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明し […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6