治療法の記事一覧

ADHD児の保護者を支援するプログラムを開発 沖縄科学技術大学院大学

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、英国で開発されたADHD(注意欠如・多動症)児童の […]

手技療法を患者の脳活動で評価  明治大学

 明治大学(東京都千代田区)大学院理工学研究科 電気工学専攻の松田康宏さんは、身体の筋肉に対して揉む […]

脊髄損傷後の運動機能回復に重要な脊髄神経細胞を特定 京都大学ほか

 京都大学の伊佐正教授らの研究グループは、脊髄損傷後早期に脊髄内の神経細胞が運動機能回復に重要な役割 […]

数学と実験の融合研究でC型肝炎治療を加速 九州大学など 

 九州大学大学院理学研究院の岩見真吾准教授、国立感染症研究所の渡士幸一主任研究官らの研究グループは、 […]

重度のうつにも認知行動療法が効果、京都大学が発見

 京都大学大学院医学研究科の古川壽亮教授、田中司朗准教授らの研究グループは、認知行動療法が重度のうつ […]

メチル水銀中毒の仕組み解明、水俣病の治療法開発へ 新潟大学

 新潟大学の研究チームは、血管内皮増殖因子(VEGF)が、水俣病で侵される小脳や後頭葉に強く発現し、 […]

PM2.5などの微細粒子によるアレルギー性炎症の発症機構を解明 大阪大学

 大阪大学の石井健特任教授らの研究グループは、微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明し […]

薬剤耐性菌を薬に弱くする方法、千葉大学が発見

 千葉大学真菌医学研究センターの萩原大祐特任助教、渡邉哲准教授、亀井克彦教授の研究グループは、重い肺 […]

世界初、光でトラウマ記憶を消去-PTSD治療に糸口 横浜市立大学など

 横浜市立大学の高橋琢哉教授らの研究グループは、東京大学、大阪大学との共同研究により、トラウマ記憶を […]

慶應義塾大学、診断と治療面での精神科領域における遠隔医療の有用性を実証

 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の岸本泰士郎専任講師らは11月30日、診断と治療の両面で、精神 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6