治療法の記事一覧

骨粗鬆症の薬が慢性的な痛みに高い効果、岡山大学などが世界で初めて解明

 岡山大学の加藤百合特任助教と宮地孝明准教授らの共同研究グループは、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が、神 […]

九州大学、糖尿病治療の副作用に対する特効薬を発見

 九州大学生体防御医学研究所の南嶋洋司特任准教授および慶應義塾大学医学部医化学教室・麻酔学教室の研究 […]

皮膚再生に寄与する細胞は皮下組織に由来、弘前大学らが発見

 弘前大学農学生命科学部の横山仁准教授のグループは6月16日、東北大学大学院生命科学研究科、新潟大学 […]

健常人105人の免疫細胞から遺伝子カタログ作成 理化学研究所と東京大学

 理化学研究所統合生命医科学研究センターと東京大学医学部附属病院の共同研究チームは、免疫機能の個人差 […]

京都工芸繊維大学、カイコの病原ウイルスを使ってヒトを治療

 京都工芸繊維大学の森教授らの研究チームは5月22日、カイコの病原ウイルスを使って、ヒトの患部を治療 […]

東京大学、薬剤だけで多能性幹細胞から三次元的に骨様組織を作製することに成功

 東京大学は、薬剤のみを用いてマウス多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から三次元的に骨様組織を作製 […]

心臓の再生能力を発見、新たな心不全治療法開発に期待 大阪大学

 大阪大学大学院薬学研究科の藤尾慈教授らの研究グループは、マウスの心筋炎モデルを用いて解析し、おとな […]

統合失調症における抗精神病薬の長期使用、慶應義塾大学が再検証

 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の内田裕之専任講師は、北米、ヨーロッパ、アジアの統合失調症研究 […]

東京大学、アナフィラキシーを抑える分子を発見

 東京大学大学院農学生命科学研究科の村田幸久准教授と中村達朗特任助教らの研究グループは4月28日、ア […]

後頭部への電流刺激で身体の動きをイメージする能力が向上 金沢大学など

金沢大学「子どものこころの発達研究センター」の三邉義雄センター長、菊知充教授らと浜松医科大学による共 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 8