生命科学の記事一覧

ラットの性シグナルはマウスに天敵シグナルとして作用する 麻布大学など

 多くの動物は、嗅覚から得られる周囲の情報に応じた行動をとる。例えば、天敵となる動物を感知すると逃げ […]

東京大学が水の特異性の起源を解明

 東京大学の田中肇教授らの研究グループは、さまざまな正四面体構造を形成する傾向を持つ液体の中で、水が […]

生命誕生前後の初期生命は柔軟に代謝を変化させるTCA回路を持つ

 海洋研究開発機構海洋生命理工学研究開発センターの布浦拓郎主任研究員らの研究グループは、南部沖縄トラ […]

京都大学と中部大学など、テングザルの鼻の大きさで「男らしさ」の進化のシナリオを解明

 京都大学霊長類研究所の香田啓貴助教と中部大学創発学術院の松田一希准教授をはじめとした研究グループは […]

新しい分子進化解析法で太古の進化の仕組みを解明 東京大学

 東京大学分子細胞生物学研究所の堀越正美准教授らの研究グループは、約25億年前に起こった古細菌から真 […]

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらの戦略が有利か?東京大学が解析

 東京大学大学院理学研究科の研究グループは、微生物を対象とした生物情報科学的解析により、ジェネラリス […]

世界初、酸素に依存しない「硫黄呼吸」のメカニズムを発見 東北大学

 東北大学大学院医学系研究科の赤池孝章教授らのグループは、酸素の代わりに硫黄代謝物を利用した「硫黄呼 […]

東京大学、進化を経ても変化しない脊椎動物の基本構造の謎を解く

 東京大学大学院理学系研究科の入江直樹准教授が率いる国際共同研究グループは、脊椎動物の基本構造が5億 […]

「世界トップレベル研究拠点プログラム」に東京大学と金沢大学

 文部科学省は平成29年度の「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」採択拠点を発表。東京大学 […]

世界最高精度の放射線測定センサー開発に成功 筑波大学など

筑波大学などの共同開発研究チームは、世界で初めて1マイクロメートル(1000分の1ミリメートル)以下 […]
  1. 1
  2. 2