神経疾患の記事一覧

⾃閉症の原因遺伝⼦が、巨大な遺伝暗号の読み出しを制御するメカニズムを発見

 京都大学⼤学院医学研究科の武内章英准教授らの研究グループは、名古屋⼤学医学部、東京⼯業⼤学との共同 […]

脳と脊髄を結ぶ運動の「神経地図」を新潟大学が発見、運動機能回復に重要な手がかり

 新潟大学の上野将紀特任教授、シンシナティ小児病院の吉田富准教授らの研究グループは、脳と脊髄を結ぶ「 […]

自閉症スペクトラムは脳内ネットワークの障害 ― コネクトパチーを提唱 九州大学

 九州大学大学院医学研究院の山﨑貴男学術研究員と飛松省三教授らの研究グループは、自閉症スペクトラム( […]

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明

 富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループが、マウスを用いた実験で薬物依存を抑える新しい物質を発見 […]

脳内セロトニン量の回復により自閉症の症状が改善 日本医科大学、理研ら

 日本医科大学、理化学研究所らの共同研究グループは、モデルマウスを使った実験で発達期のセロトニンが自 […]

他者を神経ネットワークで記憶する仕組みを解明、自閉症治療に期待 東京農業大学

 東京農業大学生命科学部バイオサイエンス学科の喜田聡教授らのグループは、マウスを用いて他者を認識する […]

ギャンブル依存症、神経メカニズムの問題点を解明 京都大学

 京都大学大学院医学研究科の高橋英彦教授らの研究グループは、新考案の課題による実験の結果、ギャンブル […]

世界初、自閉症と聴覚過敏併発の原因究明 三重大学

 自閉症には聴覚過敏がしばしば併発することが知られている。しかし、その原因はこれまで不明であった。三 […]

幼少期に孤立して育つと脳の神経細胞の機能が低下する 奈良県立医科大学

 奈良県立医科大学精神医学講座の岸本年史教授の研究グループは、幼少期のある一定の時期に孤立して育てら […]
  1. 1
  2. 2