神経疾患の記事一覧

脳内セロトニン量の回復により自閉症の症状が改善 日本医科大学、理研ら

 日本医科大学、理化学研究所らの共同研究グループは、モデルマウスを使った実験で発達期のセロトニンが自 […]

他者を神経ネットワークで記憶する仕組みを解明、自閉症治療に期待 東京農業大学

 東京農業大学生命科学部バイオサイエンス学科の喜田聡教授らのグループは、マウスを用いて他者を認識する […]

ギャンブル依存症、神経メカニズムの問題点を解明 京都大学

 京都大学大学院医学研究科の高橋英彦教授らの研究グループは、新考案の課題による実験の結果、ギャンブル […]

世界初、自閉症と聴覚過敏併発の原因究明 三重大学

 自閉症には聴覚過敏がしばしば併発することが知られている。しかし、その原因はこれまで不明であった。三 […]

幼少期に孤立して育つと脳の神経細胞の機能が低下する 奈良県立医科大学

 奈良県立医科大学精神医学講座の岸本年史教授の研究グループは、幼少期のある一定の時期に孤立して育てら […]

世界初、脳内の「やる気」スイッチの画像化技術を確立 京都大学など

 量子科学技術研究開発機構、京都大学霊長類研究所、および米国国立精神衛生研究所の研究グループは、サル […]

世界初、自閉スペクトラム症幼児と母親の脳を同時測定

 金沢大学子どものこころの発達研究センターの三邉義雄センター長らの研究グループは、大阪大学大学院工学 […]

自閉症スペクトラム障害の病態解明に光 香川大学

 香川大学医学部山本融教授らの研究グループは、神経細胞同士の接続(シナプス)が作られ過ぎないように調 […]

パーキンソン病発症に重要なタンパク質の構造解析に成功 大阪大学など

 大阪大学と高輝度光科学研究センター(JASRI))らの研究グループは、パーキンソン病発症の鍵を握る […]

難課題達成によって脳体積が増える現象を確認、慶應義塾大学ほか

 慶應義塾大学と理化学研究所の研究チームは、大人のマーモセット(小型霊長類コモンマーモセット)が長期 […]
  1. 1
  2. 2