神経細胞の記事一覧

匂いの濃度が違っても、感じる匂いが変わらないのはなぜか? 九州大学

 理化学研究所と九州大学の共同研究チームは、ほ乳類の匂いを感じるしくみが神経細胞の「発火タイミング」 […]

京都大学、痛みの情報を変換し伝播する「波のうねり」の仕組みを発見

 京都大学大学院生命科学研究科の研究グループは、ショウジョウバエの幼虫が持つ痛覚神経細胞を対象に研究 […]

東京大学、痛覚を逃避行動へと変換する脳神経回路を解明

 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻の榎本和生教授らの研究グループは8月11日、最新の光遺伝学、 […]

不安による不眠のメカニズム解明 筑波大学など

 不安などの情動が不眠症の一因となることはよく知られている。しかし、その背景にある神経科学的なメカニ […]

大阪大学、「情報の積分」によって「意思決定」を実現する遺伝子を線虫から発見

 大阪大学は2017年5月22日、線虫が嫌いな匂いから遠ざかるために「意思決定」を行うこと、意思決定 […]

超早産児の認知機能障害、脳神経細胞の移動障害が原因 慶應義塾大学

 近年、周産期医療の発達もあってか、世界的に早産児が増加している。そのうち、妊娠週数28週未満で生ま […]

世界初、バイオ3Dプリンターによる神経再生技術を開発 京都大学など

 京都大学医学部を中心とする研究チームは、佐賀大学と株式会社サイフューズとともに、末梢神経損傷に対す […]

脊髄損傷後の運動機能回復に重要な脊髄神経細胞を特定 京都大学ほか

 京都大学の伊佐正教授らの研究グループは、脊髄損傷後早期に脊髄内の神経細胞が運動機能回復に重要な役割 […]

脳内にある「やる気スイッチ」慶應義塾大学などが発見

 認知症や脳血管障害など多くの神経疾患に見られる意欲障害が、脳内の線条体(※1)から外へ情報を送る神 […]

ゴキブリの脳を覆い尽くす、巨大ニューロンを完全同定 北海道大学と福岡大学

 脳は過剰な量の情報を処理したり、考えすぎたりすると疲労する。この興奮した脳を沈静化する働きを持って […]
  1. 1
  2. 2