神経細胞の記事一覧

セロトニンが未来を信じる力を支えることを発見 沖縄科学技術大学院大学

 沖縄科学技術大学院大学の宮崎勝彦研究員らの研究グループは、セロトニンを放出する神経細胞の活動を活性 […]

ハエの「歌学習」を発見、言語学習メカニズムの解明にも貢献 名古屋大学

 名古屋大学の研究チームは、ショウジョウバエが若い時期に仲間の求愛歌を聞く経験を積むと、成熟後に歌を […]

「生物が眠る理由」 睡眠で脳回路はクールダウンされる 東京大学

 海馬が学習や記憶に関わっていることは古くから知られている。しかし、神経細胞には限りがあるため、ある […]

脂肪と炭水化物の食べ分けを決める神経細胞を発見 琉球大学など

 自然科学研究機構生理学研究所の箕越靖彦教授と琉球大学の岡本士毅特命講師は、「脂肪と炭水化物の食べ分 […]

匂いの濃度が違っても、感じる匂いが変わらないのはなぜか? 九州大学

 理化学研究所と九州大学の共同研究チームは、ほ乳類の匂いを感じるしくみが神経細胞の「発火タイミング」 […]

京都大学、痛みの情報を変換し伝播する「波のうねり」の仕組みを発見

 京都大学大学院生命科学研究科の研究グループは、ショウジョウバエの幼虫が持つ痛覚神経細胞を対象に研究 […]

東京大学、痛覚を逃避行動へと変換する脳神経回路を解明

 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻の榎本和生教授らの研究グループは8月11日、最新の光遺伝学、 […]

不安による不眠のメカニズム解明 筑波大学など

 不安などの情動が不眠症の一因となることはよく知られている。しかし、その背景にある神経科学的なメカニ […]

大阪大学、「情報の積分」によって「意思決定」を実現する遺伝子を線虫から発見

 大阪大学は2017年5月22日、線虫が嫌いな匂いから遠ざかるために「意思決定」を行うこと、意思決定 […]

超早産児の認知機能障害、脳神経細胞の移動障害が原因 慶應義塾大学

 近年、周産期医療の発達もあってか、世界的に早産児が増加している。そのうち、妊娠週数28週未満で生ま […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3