精神疾患の記事一覧

記憶を関連づける神経細胞集団の仕組みを解明 富山大学

 富山大学大学院医学薬学研究部(医学) 生化学講座の井ノ口馨教授らは1月27日、記憶を関連づける神経 […]

福島県立医科大学とヤンセン、成人期ADHDの診断用バイオマーカー開発で共同研究

 ヤンセンファーマ株式会社は2017年1月6日、成人期ADHDの正確な診断をサポートするバイオマーカ […]

慶應義塾大学、診断と治療面での精神科領域における遠隔医療の有用性を実証

 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の岸本泰士郎専任講師らは11月30日、診断と治療の両面で、精神 […]

脳内炎症の抑制がPTSDを改善、治療法開発の可能性 東北大学ほか

 東北大学と災害科学国際研究所の研究グループは、脳内ミクログリア細胞で炎症性サイトカインの1つである […]

ネグレクトで見られる攻撃性増加の原因分子を特定 横浜市立大学

 横浜市立大学 学術院医学群 生理学 高橋琢哉教授らの研究グループは、養育放棄(ネグレクト)で見られ […]

東京薬科大学が自閉症の根本治療にマウスで成功

 東京薬科大学生命科学部の福田敏史講師、柳茂教授らのグループは10月7日、マウスを使った自閉症の根本 […]

新規向精神薬の探索法を開発 京都大学と福岡大学

 京都大学と福岡大学などの共同研究チームは、ガンマアミノ酪酸(GABA)を識別し情報を伝達するタンパ […]

10代男子の心の健康に8.5時間の睡眠必要、東京大学など調査

 東京大学大学院教育学研究科の佐々木司教授と東京都医学総合研究所、高知大学の研究チームは、10代の若 […]

ゲノム編集技術で免疫不全の霊長類モデル作製に成功 慶應義塾大学ほか

 実験動物中央研究所の佐々木えりか部長(慶應義塾大学先導研究センター特任教授兼務)と慶應義塾大学医学 […]

世界初、抗うつ薬が効かない「社交不安症」が「認知行動療法」で改善

 宮崎大学と千葉大学の研究グループは、抗うつ薬で改善しない「社交不安症」患者に対して、「認知行動療法 […]
  1. 1
  2. 2