診断法の記事一覧

カフェインとその代謝産物がパーキンソン病の診断マーカーに 順天堂大学

 順天堂大学の研究グループは、パーキンソン病患者の血清中のカフェイン及びカフェイン代謝産物が、パーキ […]

食物アレルギーを尿で診断できるバイオマーカーの発見 東京大学ら

 食物アレルギーは、特に子供に多く発症し、その症状はかゆみやじんましん、嘔吐、下痢などの他、最悪の場 […]

尿検査で「がん」を特定する技術を開発 名古屋大学など

 名古屋大学の馬場嘉信教授、安井隆雄助教らの研究グループは、九州大学、国立がん研究センター研究所、大 […]

東北大学とコニカミノルタ、検出感度300倍以上のがん組織診断法開発

 東北大学大学院医学系研究科の権田幸祐教授らの研究グループは、コニカミノルタ株式会社と共同で、がんの […]

うつ病に関連する血中代謝物質を同定 徳島大学

 徳島大学大学院医歯薬学研究部精神医学分野の大森哲郎教授と沼田周助准教授らの研究グループは7月7日、 […]

世界初、自閉症と聴覚過敏併発の原因究明 三重大学

 自閉症には聴覚過敏がしばしば併発することが知られている。しかし、その原因はこれまで不明であった。三 […]

福島県立医科大学とヤンセン、成人期ADHDの診断用バイオマーカー開発で共同研究

 ヤンセンファーマ株式会社は2017年1月6日、成人期ADHDの正確な診断をサポートするバイオマーカ […]

慶應義塾大学、診断と治療面での精神科領域における遠隔医療の有用性を実証

 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の岸本泰士郎専任講師らは11月30日、診断と治療の両面で、精神 […]

再発性と多発性肝臓がんの正確なゲノム診断に成功 理研と和歌山県立医科大学

 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センターゲノムシーケンス解析研究チームの中川英刀チームリーダ […]

慢性疲労症候群のバイオマーカーを発見、客観的診断が可能に 大阪市立大学ほか

 大阪市立大学の研究グループは慶應義塾大学と共同で、原因不明の疾患である慢性疲労症候群患者の血漿成分 […]
  1. 1
  2. 2