再生医療の記事一覧

体外培養で世界初成功、iPS細胞から卵子を作製 九州大学

 九州大学大学院医学研究院の林克彦教授の研究グループは、成体マウスの尻尾にある組織由来のiPS細胞か […]

iPS細胞を使った新しい心筋再生治療法を開発 信州大学と京都大学

信州大学の柴祐司准教授(バイオメディカル研究所、循環器内科)を中心とした研究グループは、重症の心臓病 […]

イモリの網膜再生能力の手掛かり発見、網膜再生治療の可能性 筑波大学など

 筑波大学は宇都宮大学と共同で、遺伝に関わるあるタンパク質が成体のイモリの網膜再生に必須であり、この […]

体細胞を生殖細胞に近づける細胞培養法を開発 東北大学と慶應義塾大学

 東北大学の研究グループは慶應義塾大学との共同研究で、新たな細胞培養手法を開発し、マウス体細胞を生殖 […]

脂肪細胞を使った世界初の遺伝子治療研究を開始 千葉大学

 千葉大学病院は、世界で初めての遺伝子治療研究となる「家族性LCAT欠損症」を対象とした第一種再生医 […]

世界初、匂いを感じる度合いを調節する神経メカニズムを解明 奈良県立医科大学

 奈良県立医科大学の坪井昭夫教授らの研究グループは、匂いの情報処理を行っている神経細胞が発達する際に […]

iPS細胞ストック事業拡充に向け、東京の診療所と連携 京都大学

 再生医療に用いられるiPS細胞を備蓄する「iPS細胞ストック事業」拡充をはかるべく、京都大学iPS […]

京都大学iPS細胞研究所が、再生医療を行う民間クリニックのウェブサイトを調査

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、柏原英則元研究員(当時CiRA 上廣倫理研究部門、現・広島大 […]

ゲノム編集技術で免疫不全の霊長類モデル作製に成功 慶應義塾大学ほか

 実験動物中央研究所の佐々木えりか部長(慶應義塾大学先導研究センター特任教授兼務)と慶應義塾大学医学 […]

高品質・高効率なiPS細胞作製に成功 再生医療が前進 慶應義塾大学など

 慶應義塾大学医学部内科学教室・福田恵一教授、慶應義塾大学病院・國富晃助教らの研究チームは、筑波大学 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3