災害の記事一覧

非常時に電気とお湯を供給する軽自動車型電源車を開発 芝浦工業大学

 芝浦工業大学電気工学科の高見弘教授は、スターリングエンジンとソーラーパネルを組み合わせ、災害時など […]

東北大学 災害後の迅速な調剤活動に関する実証実験を実施

 東北大学電気通信研究所の研究グループと宮城県薬剤師会は合同で、甚大災害による機材損壊があっても重要 […]

鬼怒川大水害による地質現象解明、世界的に希少な研究 筑波大学ほか

 産業技術総合研究所、筑波大学、南ミシシッピ大学の研究グループは、2015年9月の関東・東北豪雨によ […]

4脚でも2脚でも歩けるロボット、早稲田大学らが開発

 早稲田大学創造理工学部の高西淳夫教授、高等研究所の橋本健二助教と大手機械メーカーの三菱重工業(東京 […]

蚊の嗅覚を使ったセンサを開発、災害ロボットに応用 東京大学など

 東京大学の竹内昌治教授(生産技術研究所)および神奈川科学技術アカデミーの三澤宣雄研究員らは住友化学 […]

筑波大学、常総市ら 水害時のドローン検証実験を実施

 筑波大学、茨城県常総市、国土交通省国土地理院らが連携し、2016年9月5日、鬼怒川での水害を想定し […]

車を利用した浸水状況の可視化システム、特許取得 福岡工業大学

 福岡工業大学工学部電子情報工学科の松木裕二教授は、津波の浸水地域をリアルタイムに可視化することがで […]

被災地での捜索活動を支援する画像認識システム構築 東北大学と信州大学

 東北大学、信州大学のグループは、捜索活動などに用いられる遠隔操作ロボットで撮影した画像から対象の発 […]

インパクト・アセスメントの世界大会を日本で初めて開催

 東京工業大学 環境・社会理工学院 融合理工学系の村山武彦教授が企画運営に関わった国際影響評価学会( […]

「またいとこ」までわかる新しい血縁鑑定法を開発 京都大学

 京都大学医学研究科玉木敬二教授らの研究グループは、口腔内細胞のDNAを用いて、これまでは親子・兄弟 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3