iPS細胞の記事一覧

人の臓器を持つ動物個体の作製、過半数が「受け入れる」 京都大学が意識調査

 京都大学のiPS細胞研究所 澤井努研究員らの研究グループは、ヒトiPS細胞を用いた「動物性集合胚( […]

世界初、京都大学とグンゼがヒトES/iPS細胞を大量培養できる「布」を開発

 京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点の陳勇教授らの研究グループは、 […]

名古屋大学、4Kディスプレイ・太陽電池技術を再生医療に応用

名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻の馬場嘉信教授、湯川博特任講師らの研究グループは、鳥本司 […]

慶應義塾大学とエーザイ 認知症治療の産・医連携拠点を設立

 慶應義塾大学とエーザイ株式会社は、認知症における新薬の探索・開発に関する新たな共同研究の実施につい […]

がん細胞を殺す強力なキラーT細胞をヒトiPS細胞から再生 京都大学

 京都大学の河本宏教授、前田卓也特定研究員らは、ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷する能力を持つキラー […]

体外培養で世界初成功、iPS細胞から卵子を作製 九州大学

 九州大学大学院医学研究院の林克彦教授の研究グループは、成体マウスの尻尾にある組織由来のiPS細胞か […]

iPS細胞を使った新しい心筋再生治療法を開発 信州大学と京都大学

信州大学の柴祐司准教授(バイオメディカル研究所、循環器内科)を中心とした研究グループは、重症の心臓病 […]

体細胞を生殖細胞に近づける細胞培養法を開発 東北大学と慶應義塾大学

 東北大学の研究グループは慶應義塾大学との共同研究で、新たな細胞培養手法を開発し、マウス体細胞を生殖 […]

ヒトES/iPS細胞の多能性の実態を特定 サル・マウスとの比較から 京都大学

 京都大学と滋賀医科大学の共同研究グループは、カニクイザルの胚を用いた全ゲノムレベルの解析により、霊 […]

B型肝炎ウイルスの感染培養系開発に成功、ヒトiPS細胞で 東京医科歯科大学ほか

 東京医科歯科大学、国立感染症研究所などの研究チームは、ヒトiPS細胞を用いてB型肝炎ウイルスを長期 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3