文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備えることを目指します。

→筑波大学公式HP

筑波大学の記事一覧

日本版NCAA(全米大学体育協会)設立に向け準備室発足、筑波大学

 筑波大学は、スポーツ各部のマネジメント強化などを目的とする「アスレチックデパートメント」の設置準備 […]

人工知能の社会実装へ 新エネルギー・産業技術総合開発機構が先導研究採択

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、次世代人口知能技術の社会実装を目指した先導研究1 […]

進行がん患者家族の4割が家庭内で葛藤、筑波大学と東北大学が調査

 緩和ケア病棟で最期を迎えた進行がん患者の家族のうち、約40%が何らかの家庭内葛藤を抱えていたことが […]

精子を10年以上常温保存、女王アリの特殊遺伝子を特定へ 甲南大学など

女王アリは、羽化後まもない時期にオスと交尾し、その時に受け取った精子を死ぬまで体内の「受精嚢」に貯蔵 […]

筑波大学の箱根駅伝復活へ クラウドファンディング活用

 筑波大学が陸上競技部の箱根駅伝出場を目指し、クラウドファンディングで活動資金の募集を始めた。募集期 […]

筑波大学の記事一覧