Act Locally,Think Globally(地域に根ざし、地球規模で考える)を理念とし有為な人材を輩出し続けます。

群馬大学は、1949(昭和24)年に群馬師範学校,群馬青年師範学校,前橋医学専門学校,前橋医科大学,桐生工業専門学校を統合して設立されました。以降、北関東を代表する総合大学として次世代を担う豊かな教養と高度な専門性を持った人材を育成すること、世界水準の学術研究を推進すること、開かれた大学として社会に貢献することを目指します。

→群馬大学公式HP

群馬大学の記事一覧

自動運転自動車の実用化・普及へ、群馬大学とあいおいニッセイ同和損保が連携

 群馬大学とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は「次世代モビリティ社会実装研究に関する協定書」を締 […]

世界最小クラスの超極細超伝導ナノワイヤーを実現 慶応義塾大学ほか

 慶應義塾大学理工学部の牧英之准教授らは、カーボンナノチューブをテンプレートとして、世界最小クラスの […]

地方創生へ再生可能エネルギーに期待、早稲田大学調べ

 国内各地で太陽光発電など再生可能エネルギーの導入が加速する中、再生可能エネルギー施設が地方創生に貢 […]

山形大学の経済波及効果665億円、民間試算

 山形大学の活動が山形県内に及ぼす影響を試算したところ、年間665億円に上ることが分かりました。民間 […]

群馬大学 哺乳類の高度な脳機能 分子レベルで解明

 群馬大学の柴崎貢志准教授らは哺乳類の脳で知能が発達した理由を解明することに成功しました。脳の中にあ […]

群馬大学の記事一覧