求人ID : D121101196

特任助教の公募(教育関係共同利用拠点水圏ステーション) | 北海道大学

  • 公開日:2021.10.16.
  • 更新日:2021.10.16.

募集要項

求人内容
[募集人員]
特任助教・1名

[任期]
2023年3月31日迄
※業績等により、2027年3月31日迄の期間において、単年度単位で契約の更新を行うことがある。

[所属・分野など]
担当ステーション:水圏ステーション
(付記2参照)

[勤務地]
室蘭臨海実験所 
(〒051-0013 北海道室蘭市舟見町1-133-31)

[着任時期]
2022年4月1日以降できるだけ早い時期

[試用期間]
あり(1ヶ月)
研究分野
  • 大分野: 生物学
  • 小分野: 生物科学
職種
  • 助教相当
募集組織
北海道大学
勤務形態
非常勤(任期あり) 業績等により、2027年3月31日迄の期間において、単年度単位で契約の更新を行うことがある。
勤務地
北海道 ・ 北海道
応募資格
(1)採用時において博士の学位を有する方
(2)海産藻類を用いた細胞生物学、発生生物学、生理生態学に関連する分野において、優秀な業績、教育・研究能力を有する方
(3)学内外の学生・大学院生等を対象とした臨海実習や外来利用学生の受け入れなど、教育関係共同利用拠点にかかる業務に関して、室蘭・厚岸両臨海実験所の設備機器・機材等を積極的に活用して、その企画・遂行に責任を持って取り組める方
(4)室蘭・厚岸両臨海実験所およびその他の水圏ステーションの地方施設やセンターの野外研究施設等の管理に意欲と責任感をもって参加しうる方
(5)地方施設での勤務、研究、社会教育を含む地域との諸関係などを全うできる方
(6)当教育関係共同利用拠点が行う情報の発信および管理ができる方
(7)日本語および英語で教育が行える方
待遇
給与:
国立大学法人北海道大学特任教員就業規則及び国立大学法人北海道大学年俸制の適用に関する内規等による

勤務形態:
専門業務型裁量労働制を適用(1日に7時間45分労働したものとみなす)

健康保険等:
文部科学省共済組合、厚生年金、労災保険、雇用保険加入
募集期間
2021年12月20日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募書類]
(1)履歴書 1通(顔写真付き、6ヶ月以内に撮影されたもの)
※2013年4月1日以降、北海道大学に在職経験(非常勤講師、TA、TF、RA、短期支援員などすべての職種を含む)のある方は、当該職歴を漏れなく記載してください。
(2)研究業績目録 1部(付記3参照)
学術論文(査読有)、学位論文、著書、総説、その他(査読なし)に分けて記載してください。また、国際的・全国的シンポジウムのオーガナイザー、招待講演、各種受賞、競争的研究費や受託研究費の獲得状況なども記載してください。教育業績には、講義・実習の担当やその他の大学内外における教育活動の参考となる事項を記載してください。
(3)主要論文5編以内の別刷またはコピー
(4)これまでの研究・教育、社会貢献の実績(2,000 字以内)1 部
上記主要論文等の実績を含めて具体的に記述してください。
(5)応募にあたっての抱負など(2,000 字以内)1部
採用後における研究・教育の展開に関する抱負、特に教育関係共同利用拠点の運営に関する抱負などを記述してください。
(6)応募者について照会できる2名の氏名と連絡先E-mail(ただし、応募者は照会者に連絡を取る必要はありません)

[応募書類提出先]
〒060-0811 札幌市北区北11条西10丁目
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
係長(人事担当)宛
※「水圏ステーション特任助教公募」と朱書きし、書留で郵送してください。
※ 電子メールの添付ファイルによる応募も可能です。その際は応募書類をPDFファイルにまとめてください。送付する電子メールの件名は「水圏ステーション特任助教公募」としてください。
提出先のメールアドレスは chanta-nishimura AT jimu.hokudai.ac.jp です(ATを@に置き換えてください)。

※応募書類は原則として返却しません。
※応募書類に含まれる個人情報は,選考目的以外に使用いたしません。

[選考方法]
書類選考を中心としますが、必要に応じて面接を行うこともあります。ただし、面接に際して交通費は支給しませんので、あらかじめご了承ください。状況により、面接はインターネットを通じて実施する場合があります。

[問い合わせ先]
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
水圏ステーション・厚岸臨海実験所・仲岡 雅裕
(nakaoka AT fsc.hokudai.ac.jp ;ATを@に置き換えてください)
添付書類
電子応募
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
備考
北海道大学では、多様な人材による教育・研究活動の推進、男女共同参画推進に努めており、女性の積極的な応募を歓迎いたします。また、教育・研究活動と生活の両立支援、能力発揮・活躍環境整備に努めています。 <付記> (1)水圏ステーション室蘭臨海実験所と厚岸臨海実験所は、文部科学省教育関係共同利用拠点「寒流域における海洋生物・生態系統合教育の国際的共同利用拠点」に認定されています。詳細については、(http://www.fsc.hokudai.ac.jp/KANRYU/)をご参照ください。 (2)「センター」は、研究林・牧場・農場・植物園・臨海実験所などの施設を統合して設立された学内共同施設(研究施設)です。教員は、森林圏ステーション・耕地圏ステーション・水圏ステーション(本公募のステーション)のいずれかに所属し、各施設およびセンターの管理運営にあたるとともに森林圏研究領域・耕地圏研究領域・水圏研究領域・統合研究領域からなる教育研究部(領域)に所属して、教育・研究を行っています。「センター」の詳細については、ホームページ(http://www.fsc.hokudai.ac.jp)を参照してください。現在、水圏ステーションは、教授6名・准教授4名・助教5名で構成されています(特任教員含む)。 (3)業績目録の様式は下記よりダウンロードしてお使いください。 http://www.fsc.hokudai.ac.jp/recruit/ ただし、必要な情報がすべて入っていれば、他の書式でも構いません。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください