求人ID : D123011267

特任助教(生理学もしくは実験心理学分野) | 杏林大学

  • 公開日:2023.01.26.
  • 更新日:2023.01.26.

募集要項

求人内容
[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]
杏林大学

[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
総務省の上記研究に研究を行っていただくための、研究員(杏林大学では特任助教の立場)の募集です。この領域の研究に関心があり、脳科学に関心のある研究者を求めています。意欲のある研究者を募集しています。脳波の計測の経験のある方。2023年度から4年間継続の予定です(総務省かの受託研究が終了した場合には雇用が終了となります)。

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
高周波マイクロ波の生体影響に関する研究
(脳波、誘発電位、眼球運動(瞳孔)計測など生理学的指標を用いた研究)

[勤務地住所等]
東京都三鷹市新川6-20-2

[募集人員(職名・採用人数等)]
特任助教・1名

[着任時期(採用日、着任日等)]
2023年度中


勤務時間・給与等 については応相談。、
年齢・経歴 ・実績によります。勤務時間は月―金、平日9時から5時まで(応相談)。
給与額は 杏林学園の給与算出法 (杏林大学特任教員規程 第3条第4)に基づきます。
給与は学術振興会特別研究員PDに準するように考えていますが、これまでの 経歴 ・実績が考慮されます。
研究分野
  • 大分野: 医歯薬学
  • 小分野: 基礎医学
  • 大分野: 医歯薬学
  • 小分野: 内科系臨床医学
職種
  • 助教相当
募集組織
杏林大学
勤務形態
常勤(任期あり)
勤務地
関東 ・ 東京都
応募資格
[業務に必要な特定分野の資格・条件(学位などを含む)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]

神経生理学、神経心理学などの博士課程の学位を取得した者、神経生理学、神経心理学などを専門とする人が望ましいが、応相談。神経生理学手法・論文作成についてはこちらである程度指導しますが、研究目的に応じて研究をきちんと遂行しようという意欲、論文にまとめていく意欲が必要とされます。
待遇
勤務時間・給与等 については応相談。、
年齢・経歴 ・実績によります。勤務時間は月―金、休日は土日、平日9時から5時まで(応相談)。雇用期間は2022年より4-5年間。

給与額は学術振興会特別研究員PDに準ずるように考えていますが、杏林学園の給与算出法に基づき(杏林大学特任教員規程 第3条第4)、これまでの 経歴 ・実績が考慮されます。
募集期間
2023年01月25日 ~  2023年09月01日 必着 適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募方法(提出書類/郵送・メール添付・Web応募利用の詳細などの提出方法/住所・メールアドレスなどの送付先)]

書類の郵送(履歴書、業績目録、志望理由をA4 1枚にまとめたもの)
応募書類は返却不可

住所・
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部病態生理学教室 【杏林大学医学部基礎研究棟4階)
寺尾 安生 宛て
メールアドレス yterao@ks.kyorin-u.ac.jp

JREC-IN Portalの「Web応募」機能からも応募頂けます。

[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]

書類、および面接による、結果通知は書類送付

[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部病態生理学教室 【杏林大学医学部基礎研究棟4階)
教授 寺尾 安生
メールアドレス yterao@ks.kyorin-u.ac.jp
電子応募
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください