求人ID : D123050164

ポスドク募集中

  • 公開日:2023.05.18.
  • 更新日:2023.05.18.

募集要項

求人内容
インディアナ大学医学部生化学科 (Indiana University School of Medicine) の高木研究室と同大学医学部病理学科のHao研究室では、意欲的なポスドクを募集しております。

主な研究内容:
 当研究グループは癌や神経変性疾患(例えばアルツハイマー疾患)に関連するタンパク質を標的とし、タンパク質分解誘導剤の開発に向けて、構造研究に基づいた研究を推進しています。最近、当研究グループではがん発生や転移に関連する重要な低分子タンパク質、SUMO1 (small ubiquitin-related modifier 1)を効果的に分解誘導する低分子化合物を新規に発見しました。(Bellail et al. Science Translational Medicine 2021, 13:e12947, DOI: 10.1126/scitranslmed.abh1486). この低分子化合物はタンパク質分解誘導剤の一種であるPROTAC (タンパク質分解誘導キメラタンパク質) とは異なる、新しいタイプのタンパク質分解誘導剤(protein degrader)です。現在、研究室では標的タンパク質とタンパク質分解誘導剤の構造をクライオ電顕を用いて決定し、それらの構造を基にしたcomputer-aided drug designを推進しています。
研究はNational National Institute of Health (NIH), American Cancer Society (ACS), Ivy Foundationなどのグラントでサポートされています。

当研究室ポスドクポジションで得られる具体的な利点:
1)当研究室は、現在、特許申請中の合成生物学を利用した新規タンパク質発現システムの技術を使用することができます。
2)最近注目されているタンパク質分解誘導剤の研究を行うことができます。
3)Structure-guided and computer-aided drug designを習得することができます。
4)クライオ電顕を用いた単分子構造解析法を習得することができます。
5)学内にあるGlacios cryo-EMと、Purdue UniversityにあるTitan Kriosに自由にアクセスできます。
6)一対一での指導を通して欧米で通用する高度なレベルでのresearch strategyの立て方、グラント申請スキル、論文作成スキル、プレゼンテーションスキルを習得できます。
7)また、HHMI investigatorsなどの優れた共同研究者と協力し、研究する機会を得ることができます。
     参照 (Fukudome at al., PNAS 2021, DOI: 10.1073/pnas.2115899118)

以下のような人の応募を強く望んでいます:
1)タンパク質分解誘導剤に関する構造研究に興味があり、X線・クライオ電顕の経験を活かしたい方、または、タンパク質の精製や解析に熟練しており、クライオ電顕に興味がある方。
2)最近注目されているタンパク質分解誘導剤の研究に関心を持っている方。
3)合成生物学を用いた新しいタンパク質発現技術に関心を持っている方。
4)Computer-aided compound designに関心を持っている方。
5)クライオ電顕を熟練することに興味がある方。
6)現在技術的に難しいとされている問題に興味がある方。
応募資格:博士号を既に取得された方、または1年以内に取得予定の方を対象とし、X線構造解析やクライオ電顕などの構造生物学の経験がある方で、機能構造研究に興味がある方を募集しています。また、構造生物学の経験がなくても、生化学、特にタンパク質の精製や解析に長けている方で、クライオ電顕に興味がある方も考慮いたします。

 当研究室は、アメリカ中西部の公立大学であるインディアナ大学医学部の生化学、分子生物学科に所属しています。インディアナ大学医学部は、全米でも最大規模の医学教育・研究施設の一つで、インディアナポリスに位置しています。また、この地域は他の大都市に比べて非常に安全です。プロスポーツとしてはNational Football League(NFL)のIndianapolis Colts、National Basketball Association(NBA)のIndiana Pacersのフランチャイズがあります。カーレーシングで有名なインディ500が行われるサーキットも大学のすぐ近くにあります。
 標的タンパク質分解誘導剤は、次世代の新薬と考えられており、生化学的機能解析と構造解析において重要なターゲットとなっています。創造的な研究を行い、重要な成果を残したいと考えている意欲的な人材を募集しています。

研究室HP :http://biochemistry.medicine.iu.edu/pe/primary-faculty/yuichiro-takagi-ph-d/
主な参考論文:
1.Bellail AC, Jin HR, Lo HY, Jung SH, Hamdouchi C, Kim D, Higgins RK, Blanck M, le Sage C, Cross BCS, Li J, Mosley AL, Wijeratne AB, Jiang W, Ghosh M, Zhao YQ, Hauck PM, Shekhar A, Hao C. Ubiquitination and degradation of SUMO1 by small-molecule degraders extends survival of mice with patient-derived tumors. Sci Transl Med. 2021 Oct 13;13(615):eabh1486.
2.Fukudome, A., Singh, J., Mishra, V., Reddem, E., Martinez-Marquez, F., Wenzel, S., Yan, R., Shiozaki, M., Yu, Z., Wang, J.C.-Y., Takagi, Y, Pikaard CS (2021). Structure and RNA template requirements of Arabidopsis RNA-DEPENDENT RNA POLYMERASE 2. Proc Natl Acad Sci U S A 2021, 118 (51)
3.Imasaki T, Wenzel S, Yamada K, Bryant ML, Takagi Y. Titer estimation for quality control (TEQC) method: A practical approach for optimal production of protein complexes using the baculovirus expression vector system. PLoS One. 2018;13(4):e0195356.
4.Imasaki T, Calero G, Cai G, Tsai KL, Yamada K, Cardelli F, Erdjument-Bromage H, Tempst P, Berger I, Kornberg GL, Asturias FJ, Kornberg RD, Takagi Y. Architecture of the Mediator head module. Nature 2011 Jul 3;475(7355):240-3.

勤務地住所:
Department of Biochemistry and Molecular Biology
Indiana University School of Medicine
635 Barnhill Drive, Medical Science Building 4003
Indianapolis, IN 46202
Office: (317) 274-2719
USA
研究分野
  • 大分野: 生物学
  • 小分野: 高分解能電子顕微鏡解析・X線結晶解析
  • 大分野: 医歯薬学
  • 小分野: drug discovery
  • 大分野: 総合生物
  • 小分野: 神経科学
職種
  • 研究員・ポスドク相当
募集組織
Indiana University
勤務形態
常勤(任期なし)
勤務地
その他 ・ 海外/在宅など
応募資格
応募資格:博士号を既に取得された方、または1年以内に取得予定の方を対象とし、X線構造解析やクライオ電顕などの構造生物学の経験がある方で、機能構造研究に興味がある方を募集しています。また、構造生物学の経験がなくても、生化学、特にタンパク質の精製や解析に長けている方で、クライオ電顕に興味がある方も考慮いたします。
待遇
The position is funded by NIH and ASC grants and salary is based on NIH standard postdoctoral fellowship starting at $56,484 plus full benefits and available for an initial appointment of one year, renewable for subsequent years.

Indiana University is an equal opportunity and Affirmative Action Employer and a provider of ADA services. All qualified applicants will receive consideration for employment without regard to age, ethnicity, color, race, religion, sex, sexual orientation or identity, marital status, national origin, disability status or protected veteran status.
募集期間
2023年05月05日 ~  2023年06月30日 消印有効
応募・選考・結果通知・連絡先
ご興味がある方は、英語の履歴書(CV)に研究業績一覧を含め、推薦者2-3名のリストを添えてメールでお送りください。もし不明な点がございましたら、以下のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

Yuichiro Takagi PhD (高木雄一郎)
Associate Professor
Indiana University School of Medicine
Department of Biochemistry and Molecular Biology
ytakagi@iu.edu
https://twitter.com/LabTakagi
電子応募
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください