求人ID : D120080173

准教授または専任講師の公募(芸術教養センター) | 京都芸術大学

  • 公開日:2020.08.08.
  • 更新日:2020.08.17.

募集要項

求人内容
[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
京都芸術大学通学部では、「生きる基礎力をつける」「実社会を学びの場にする」ことを機軸にした人間力教育に力が注がれています。これらの取り組みはすべて、文部科学省の『質の高い教育推進プログラム(教育GP)』に選定されました(平成15年度「多地域・多世代の交流による教育プログラム」、 平成20年度「頭と手を動かすワークショップ型初年次教育」「リアルワークによるキャリア教育」)。これらは基礎教育を担う芸術教養センターが担当しています。
 このたびは、昨今の情勢を踏まえ、サイエンスアートやデータサイエンス、メディアアートといった新領域の分野を中心に、学際的に講義をコーディネートできる人材を募集します。

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
常勤の教員として7コマ程度の授業を担当するほか、センター運営、その他大学運営業務に従事するものとします。


[勤務地住所等]
〒606-8271
京都市左京区北白川瓜生山2-116
京都芸術大学

[募集人員]
1名(職位は准教授または専任講師)

[着任時期]
2021年04月01日
研究分野
  • 大分野: 情報学
  • 小分野: 全て
職種
  • 准教授・常勤専任講師相当
募集組織
京都芸術大学
勤務形態
常勤(任期あり) 1年契約(4回まで更新する場合がある)※任期を付さない専任教員へ実績あり
勤務地
近畿 ・ 京都府
応募資格
1)上記分野に係る専門的知識、技術を有し、センターにおける研究活動・教育普及活動・経営実務に通じていること
2)大学等の教育機関における教育実績があること
3)修士以上の学位を有すること、もしくはそれと同等の業績があること
4)センターの教育方針を理解し、実践的指導力をもって運営および学生指導に携われること
5)通勤圏内に居住し、本学勤務に専念できること
6)本学の理念『京都文藝復興』に賛同していただけること
待遇
給与は本学規程による。
その他、通勤手当、家族手当、役職手当等(要件に該当の場合)
健康保険・年金は私学共済加入、雇用保険、労災保険あり

勤務時間:9:00~17:30 内休憩1時間
(業務都合により変更あり)
休暇:週休二日、祝日・年末年始休、有給休暇等あり
募集期間
2020年08月04日 ~  2020年09月10日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
①履歴書(写真貼付、連絡用のメールアドレス・電話番号明記のこと、様式1)※
②過去5年間の研究・業務実績、活動歴(様式2)※
③研究論文の抜刷、またはコピー(5件以内)
④「芸術大学の情報リテラシーはどうあるべきか」、800~1200字程度のレポート(A4判用紙、書式自由)
⑤返信用封筒(定型、宛名明記、84円切手貼付のこと)
※応募書類は原則として返却いたしませんので、ご了承ください


〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
京都芸術大学 総務課採用係 宛郵送

※封筒の表面に「芸術教養センター教員応募書類在中」と朱書きしてください。


[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
第一次 書類選考
第二次・第三次 面接、模擬授業(一次通過者のみ実施)
※第二次選考の日程は10月7日(水)を予定しております。但し変更の可能性があります。

[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
電話 075-791-8301(総務課採用係)
メール saiyo@office.kyoto-art.ac.jp
添付書類
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
応募書類はご返却できません。また応募書類は選考に係る事由にのみ使用し、選考終了後は当方で責任を持って処分いたします。 ※新型コロナウイルス感染症への対応のため、上記の内容については変更の可能性があります。本サイトを適宜ご確認ください。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください