求人ID : D120071452

愛媛大学社会共創学部環境デザイン学科 教授,准教授又は講師の公募 | 愛媛大学

  • 公開日:2020.07.23.
  • 更新日:2020.09.01.

募集要項

求人内容
[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]
 このたび本学社会共創学部環境デザイン学科において,下記の要領で教員を公募します。

[仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)]
専門分野
地球環境学※1,持続可能性科学・サステナビリティ学※2
(持続可能な発展のために多様な地域のステークホルダーと協働しながら,環境問題をはじめとする様々な課題に対して解決策を企画,立案し,地域とともに社会実装を進めていくことができる実践的な教育,研究を行うことができる人材を求めます。)
※1「地球環境学」:豊かな生物多様性と生態系サービスを支える地球環境の多様性を研究し,地球環境問題の現状とその根源に横たわる南北問題について理解することが必要とされている。地球の管理者としての人類の責に立脚して,地域からグローバルまでのさまざまなレベルでの,地球環境問題の解決のための道筋を研究・教育していくことが求められている。
※2「持続可能性科学・サステナビリティ学」:持続可能な社会の構築は,人類全体の,また個々の地域社会や個人の生活の未来を左右する重要な課題である。レジリエンス,ガバナンス,生態系サービス,リスク,人間の福利などの多面的な観点から研究・教育活動を行っていく必要がある。また,持続可能な社会を実現するために地域社会の中でそれぞれのステークホルダーが果たすべき役割について実践活動を通じて明らかにしていくことも求められている。

主要担当授業科目
持続可能性科学,地球環境学,その他各種フィールド実習・演習など

[勤務地住所(就業場所の詳細等)]
愛媛県松山市文京町3番
愛媛大学社会共創学部 環境デザイン学科

[募集人員(職名・採用人数等)]
教授,准教授又は講師 1名

[着任時期(採用日、着任日等)]
令和3年4月1日
研究分野
  • 大分野: 環境学
  • 小分野: 環境創成学
  • 大分野: 環境学
  • 小分野: 持続可能性科学
  • 大分野: 環境学
  • 小分野: 地球環境学
職種
  • 教授相当
  • 准教授・常勤専任講師相当
募集組織
愛媛大学
勤務形態
常勤(テニュアトラック) (1)テニュア教員育成制度適用(任期5年) ※愛媛大学のテニュア教員育成制度についての詳細は、注)をご覧ください。 (2)給与:年俸制
勤務地
四国 ・ 愛媛県
応募資格
次の各号をすべて満たす者
            
(1)博士の学位を有する者

(2)地球環境学,持続可能性科学のいずれか,または複数に関する研究業績を有する者
            
(3)フィールドワークを通じた教育・研究に意欲をもち,地域貢献に積極的にかかわることができる者

(4)SDGsの達成のための学内外の取り組みに積極的に参加し支援することができる者
待遇
本学の定めによります。
勤務時間 裁量労働制を導入
保険等  文部科学省共済組合、雇用保険、
     労災保険制度あり
募集期間
2020年09月30日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募書類、応募(提出)方法(郵送・メール添付・Web応募利用の詳細など)、送付先(住所・メールアドレス・Web応募URL等)]
下記(1)~(8)の提出書類を郵送し,かつ(1)~(7)の電子ファイル(WordまたはExcel)をメールでも送付して下さい。
 (1) 履歴書
 (2) 研究業績
 (3) 教育業績
 (4) その他の業績
 (5) 現在までの教育研究内容の要約
 (6) 今後の教育研究活動に対する抱負
 (7) これまでに獲得した研究助成一覧
 (8) 主要な研究業績の別刷 5 編以内(コピー可)
*上記提出書類 (1)~ (7) については,愛媛大学ホームページ https://www.ehime-u.ac.jp/post-127229/
に掲載している様式に従い作成して下さい。

[選考内容(面接・選考の場所、選考方法、採否の決定など)]
第1次選考 書類選考
第2次選考 面接・模擬授業
(※第2次選考の旅費等は応募者負担となります。)

[結果通知方法、応募書類の返却可否等]

採否の結果については,決定次第,履歴書記載の住所へ送付いたします。
提出書類の返却には応じかねます。あらかじめご了承ください。             
不採用時には,本学部の責任において応募書類を廃棄処分します。


[問い合わせ連絡先(担当者所属、役職、氏名、機関のメールアドレス及び、電話番号)] ※重要

書類送付先
〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番
      愛媛大学社会共創学部 
      環境デザイン学科長宛
電話:089-927-8927(愛媛大学社会共創学部事務課)
電子メール:crisoumu@stu.ehime-u.ac.jp
      (愛媛大学社会共創学部事務課)
(送付物の表面に「環境デザイン学科教員応募書類」と朱筆し,「書留」「宅配便」等,配達の記録が残る形で送付してください。)
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
(1) 男女共同参画社会基本法の趣旨に沿って,教員の選考を行うとともに,ダイバーシティ研究環境実現の取組を推進しています。 ・若手研究者キャリア支援事業:若手研究者(出産・育児負担のある女性研究者及び男性研究者)に研究活動の維持・促進,キャリア支援を行う目的で研究支援員を配置する制度です。 ・女性研究者支援員制度:出産・育児・病気けが等治療・介護・管理運営等業務のため研究活動に支障が生じた場合,事案ごとに,女性研究者本人、または該当研究者が所属する研究室に研究支援員を配置する制度です。 ・Dual Career支援制度:教員のパートナーが研究者でありかつ別居している場合,該当研究者が一定期間研究活動を行うことができるように本学の研究者として採用する制度です。 ・保育施設:「えみかキッズ」(城北キャンパス),「あいあいキッズ」(重信キャンパス医学部附属病院保育施設)の2箇所を設置しています。「あいあいキッズ」には,病児保育制度もあります。 ・学童保育:春・夏・冬の長期休暇中の学童保育を実施しています。また,「あいあいキッズ」では,通年の学童保育を実施しています。 (2) 個人情報保護のため,応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用以外の目的には使用しません。また,応募の秘密は厳守します。なお,選考結果を愛媛大学ホームページで公表する際,採用候補者の氏名については公表させていただきます。 注) テニュア教員育成制度  愛媛大学では,教育・研究・マネジメントにバランスの取れた総合力の高い大学教員の育成を目指して,平成25年4月から「テニュア教員育成制度」を導入しました。新規採用された講師,助教ならびに一部の実務家教員等(教授,准教授等)について,5年の任期中の最初の3年間で,本学教員としての業務全般に関わる能力開発プログラム(合計100時間以上)と,研究費の配分等の財政的支援を提供します。期間中の3年目に中間審査を,5年目に最終審査を実施し,中間審査または最終審査に合格した者をテニュア職(終身雇用)に移行させます。ただし,最終審査に不合格となった場合は,5年で任期満了となります。なお,詳細については本制度に関するホームページ (URL:http://ts.adm.ehime-u.ac.jp/)をご覧下さい。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください