求人ID : D120070069

法政大学理工学部機械工学科・マテリアルプロセッシングコース・専任教員採用公募(教授,准教授,専任講師)・東京都小金井市 | 法政大学

  • 公開日:2020.07.03.
  • 更新日:2020.09.01.

募集要項

求人内容
[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]

機関の説明等については,下記のホームページをご参照下さい。
【法政大学ホームページ】
https://www.hosei.ac.jp/
【法政大学理工学部機械工学科 機械工学専修,および,航空操縦学専修ホームページ】
http://mech.ws.hosei.ac.jp/004.html
http://aviation-technology.ws.hosei.ac.jp/

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
【担当予定科目】
 マテリアルプロセッシング,材料力学系科目(材料力学入門,塑性力学など),材料工学系科目,実験系科目,設計製図系科目,インターンシップ,機械工学ゼミナールI,機械工学ゼミナールII,PBL,卒業研究 等
【その他の業務】
 学科,学部および大学における委員会,ワーキンググループなどの学内業務,等

[勤務地住所等]
東京都小金井市梶野町3-7-2(法政大学小金井キャンパス)

[募集人員]
教授,准教授または専任講師 1 名

[着任時期]
2021 年 4 月 1 日
研究分野
  • 大分野: 工学
  • 小分野: 機械工学
  • 大分野: 工学
  • 小分野: 総合工学
  • 大分野: 総合理工
  • 小分野: ナノ・マイクロ科学
職種
  • 教授相当
  • 准教授・常勤専任講師相当
募集組織
法政大学
勤務形態
常勤(任期なし)
勤務地
関東 ・ 東京都
応募資格
(1)博士の学位または外国のPh.D.を有する方,あるいは,着任時に学位取得済みの方
(2)本学の教育方針,教育業務を理解し,教育・研究への熱意と学科運営への意欲があり,積極的かつ協調的に協働できる方
(3)専門分野における十分な知識・能力を有し,先端的な研究や国際的な活躍を推進できる方
(4)国籍は問わないが,十分な日本語能力を有する方
待遇
【勤務時間】学内規定の定めによる
【給与】学内規定の定めによる
【休日】学内規定の定めによる
【社会保険等】健康保険,雇用保険,厚生年金保険,労災保険,介護保険は法の定めにより加入
募集期間
2020年07月02日 ~  2020年09月07日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
【提出書類】
(1)本学所定の履歴書(写真貼付,高校卒業以降の学歴,連絡先には e-mail アドレスを記入)
(2)本学所定の研究業績書(査読付き学術論文,著書,国際会議論文,特許などを区別して記載)
(3)研究業績書記載の主たる業績 5 編の別刷り(コピー可) 各1部
(4)研究経歴・研究概要(1000字程度,A4版1ページ)
(5)着任後の研究計画および教育・研究に対する抱負(1000字程度,A4版1ページ)
(6)照会可能な方 2 名の推薦書,および,氏名と連絡先(所属・電話番号・e-mail アドレスを記載)
※ 本学所定の履歴書・研究業績書については,次のURLからダウンロードしてください。
http://www.hosei.ac.jp/saiyo/rikoh_bosyu.html

上記(1)~(6)の書類一式をデジタル化したもの(PDF)をUSBメモリーに入れ,同封すること。


【応募書類の提出先】
〒184-8584  東京都小金井市梶野町 3-7-2
法政大学 理工学部 機械工学科 主任 吉田一朗
封筒には「教員応募書類在中」と朱書きし,簡易書留で郵送して下さい。応募書類は原則として返却しませんので,ご了承下さい。

【選考方法】
 一次選考(書類審査)を通過した方について面接(研究・教育に関するプレゼンテーションを含む)による最終選考を行います。
 なお,日時・場所等の詳細は,別途1次選考通過者に御連絡します。
※2次選考にあたり必要となる旅費・滞在費等は応募者の負担となります。また,合否は当該部局から通知されます。

【問い合わせ・連絡先】
〒184-8584  東京都小金井市梶野町 3-7-2
法政大学 理工学部 機械工学科 主任 吉田一朗
E-mail:me-jimu[at]ml.hosei.ac.jp
※[at]を@に置き換えてください。
電話:042-387-6111(機械工学科事務室)
添付書類
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
上記の詳細については,下記の法政大学の採用情報ページもご参照下さい。  https://www.hosei.ac.jp/saiyo/  また,本件は,男女共同参画社会基本法の趣旨に基づいて教員を選考します。女性研究者の積極的な応募を歓迎します。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください