求人ID : D120081454

研究⽀援員の募集 (数理・⻑崎研究室・新たな寄生原虫薬開発などに関する研究) | 筑波大学

  • 公開日:2020.09.01.
  • 更新日:2020.09.01.

募集要項

求人内容
[機関の説明(募集の背景、プロジェクトの説明など)]
所属機関は筑波大学となるが、全ての業務は国立感染症研究所(東京都新宿区戸山)にて行う。本公募は、筑波大学・数理物質系(長崎幸夫)、国立感染症研究所・寄生動物部(案浦健)、国立研究開発法人・物質・材料研究機構(吉冨徹)の3研究機関による共同研究に基づくものであり、「マラリアに関する新たな治療薬開発と病態解明」を実施するため、業務を遂行できる研究支援員を公募する。

[仕事内容(業務内容など)]
ヒトには感染性のないネズミマラリア感染モデルを用いて、新たな化合物を用いた抗マラリア効果の検証、病態重症化の改善などに関する研究の実施およびそのサポート業務。

[勤務地住所等]
東京都新宿区戸山
[募集人員]
1名
[着任時期]
2020年9月1日以降のなるべく早い時期(応相談)
任期:2021年3月31日(更新可能。最大5年間。応相談)
研究分野
  • 大分野: 生物学
  • 小分野: 全て
  • 大分野: 化学
  • 小分野: 全て
  • 大分野: 医歯薬学
  • 小分野: 全て
職種
  • 研究・教育補助者相当
募集組織
筑波大学
勤務形態
非常勤(任期あり) 2021年3月31日まで(年度ごとの契約になります。5年までの延長の可能性あり)。
勤務地
関東 ・ 東京都
応募資格
[以下の条件を満たしている方が望ましい]
科学系の大学卒業以上、またはこれに相当する研究技術・知識見識を有すること。
マウスなど、実験動物を用いた実務経験を有することが望ましい。
分子生物学などに関する知識見識、実務経験を有することが望ましい。
細胞培養などの実務経験を有することが望ましい。
寄生原虫・病原体などを対象とした実務経験を有することが望ましい。
待遇
職種:研究支援員
給与、勤務時間、休日、保険等:筑波大学の規定による
通勤手当支給
着任時期:決定後できるだけ早い時期
任期2021年3月31日まで(5年で雇い止め)
筑波大学の規定に準拠する。
雇用機関は筑波大学です。


勤務時間:週3~5日(勤務日など応相談)
基準勤務時間:9:30~18:15(休憩12:00~13:00)(開始終了時間など応相談)
募集期間
2020年09月01日 ~  2020年09月30日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
選考方法:書類選考及び面接選考
提出書類:履歴書(書式自由、写真添付)
*応募いただいた書類は返却できません。
書類送付先
メール:nagasaki@ims.tsukuba.ac.jp
電話&FAX:029-853-5749
問い合わせ先:長崎幸夫
電子応募
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください