求人ID : D120081339

森林科学専攻(森林利用学研究室) 特任助教の公募 | 東京大学

  • 公開日:2020.08.29.
  • 更新日:2020.08.29.

募集要項

求人内容
[所属]
大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻 森林利用学研究室

[業務内容]
1) 森林利用学とは木材生産に関する科学であり,高い生産性を求めながらも,生産基盤である森林生態系に配慮することによって安定的・持続的に生産活動が行われる方策を講じなければなりません。着任後,たとえば下記に掲げる研究に意欲的に取り組み,先進的な研究を展開することが可能であり,本研究室が主担当の学部科目・大学院科目を所属教員と連携して担当することが可能な方を,土木工学,機械工学,情報工学,経営工学,人間工学,農業機械,農業土木,農業情報学等の分野を含め広く公募いたします。
・木材やバイオマスの生産から輸送,利用にいたるサプライチェーンマネジメントやライフサイクルアセスメントに関する研究
・森林基盤としての林道や作業道の配置計画や施工技術に関する研究(たとえば地形情報を用いた自動化など)
・林業機械による作業や木材生産システムの無人化・自動化に関する研究
・人力が必要となる育林作業の省力化に関する研究
・情報通信技術を用いた森林資源情報の処理による資源量の将来予測や木材生産の生産性の推定に関する研究
2) 学部科目(森林利用学実習、卒業論文)の担当
3) 大学院科目(森林科学特別実験、森林科学特別演習、森林利用学)の補助

[勤務地]
東京都文京区弥生1-1-1 弥生キャンパス

[募集人員]
特任助教(特定有期)1名

[採用予定日]
令和3年4月1日(予定)
研究分野
  • 大分野: 農学
  • 小分野: 森林圏科学
職種
  • 助教相当
募集組織
東京大学
勤務形態
常勤(任期あり) 令和8年3月31日まで 。予算の状況、業務の必要性及び勤務成績の評価に基づき更新する場合がありうる。
勤務地
関東 ・ 東京都
応募資格
[応募資格]
1) 博士号取得者(または採用日までに取得見込の者)
2) 上記6 1)の研究領域において優れた研究業績を有し、所属研究室の教員と連携して学生の教育指導等を積極的に行えること
3) 上記業務内容 2)、3) の演習、実験等を関連分野の教員と分担して担当可能なこと
待遇
就業時間:専門業務型裁量労働制(1日7時間45分働いたものとみなされます。)

休日・休暇:土・日、祝日法に基づく休日、年末年始(12月29日~1月3日)年次有給休暇、特別休暇、忌引休暇 等

給与:月給制(業績成果手当含む)350,000円以上(経験及び能力による)

諸手当:通勤手当(支給要件を満たした場合)

社会保険等:文部科学省共済組合、厚生年金保険、雇用保険(法令の定めるところにより加入)
募集期間
2020年10月23日 必着 書類選考の上、候補者に対し面接を実施します。(令和2年11月上旬を予定:オンライン面接の可能性もあります。)
応募・選考・結果通知・連絡先
[提出書類]
1) 履歴書(東京大学統一履歴書を以下のURLからダウンロードし作成すること。)
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
2) 研究業績(著書、原著論文、総説、その他)
3) 主要論文別刷5編以内(コピー可)
4) 教育業績
5) 社会貢献(学会活動、委員会活動等)
6) 競争的資金の獲得状況
7) これまでの教育、研究の概要(1000字程度)
8) 着任後の教育、研究の方針(1000字程度)
9) 自己の研究・教育経歴等について評価できる方1名の氏名、職名及び連絡先
10) 上記 1)〜9)の書類について、印刷物と電子媒体(全てをPDFにまとめて1つのファイルとして保存し、USBに書き込んだもの)の両方を郵送してください。また、PDFファイルは、パスワードを設定した上、E-mailでも送付してください。パスワードの連絡法については応募者の判断に任せます。

[書類送付先及び問い合わせ先]
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
東京大学大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻 担当:熊谷朝臣
TEL: 03-5841-8226
E-mail: kumag[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp([at]は@に置き換えてください)
封筒に「特任助教 応募書類在中」と朱書し、記録が残る方法で送付のこと。
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
特記事項:1)試用期間あり(採用日から6ヶ月間) 募集者名称:国立大学法人東京大学 その他: 応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。 取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。 東京大学は男女共同参画を推進しており、女性の積極的な応募を歓迎します。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください