求人ID : D120081425

山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科 専任教員の公募 「公的扶助論を専門とする者」(教授、准教授または講師) | 山梨県立大学

  • 公開日:2020.09.01.
  • 更新日:2020.09.01.

募集要項

求人内容
[仕事内容]
〇 主な担当科目
【福祉コミュニティ学科専門科目】
「公的扶助論」(「低所得者に対する支援と生活保護制度」、新カリキュラム科目名:「貧困に対する支援」)
「社会福祉論Ⅱ」(「現代社会と福祉」、新カリキュラム科目名:「社会福祉の原理と政策」)
「ソーシャルワーク援助技術論Ⅲ」(「相談援助の理論と方法」、新カリキュラム科目名:「ソーシャルワークの理論と方法(専門)」
「就労支援論」(「就労支援サービス」、2023年度まで開講)
「ソーシャルワーク演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ」の内3科目
「ソーシャルワーク現場実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(Ⅲは2024年度から開講)
「ソーシャルワーク現場実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(Ⅲは2024年度から開講)
【学部学科教員全員が担当する科目】
「スタートアップ・セミナー」
「福祉コミュニティ基礎演習」
「福祉コミュニティ卒業研究Ⅰ・Ⅱ」

加えて、関連科目群の新設科目として、女性、外国人等を対象とした貧困に関する科目をご担当いただきます。

〇 その他
・教授会、委員会など大学、学部の運営に係わる業務


[勤務地住所]
山梨県甲府市飯田5丁目11-1

[募集人員]
1名:教授、准教授または講師

[着任時期]
2021年4月1日
研究分野
  • 大分野: 社会科学
  • 小分野: 社会学
  • 大分野: 社会科学
  • 小分野: 社会福祉学
職種
  • 教授相当
  • 准教授・常勤専任講師相当
募集組織
山梨県立大学
勤務形態
常勤(任期なし)
勤務地
北陸・甲信越 ・ 山梨県
応募資格
本学および本学部の理念を理解し、大学教育に熱意を持って取り組める者で、次の要件を満たす者
・博士の学位を有する者、もしくはそれと同等の研究能力を有すると認められる者
・社会福祉士養成課程相談援助演習・実習担当教員の資格要件を満たしている者
待遇
[採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用保険等)]
・給  与:本学規定による
・勤務時間:8:30~17:15(原則)
・休  日:土日祝日(原則)、年末年始。その他、年次有給
      休暇、特別休暇(忌引、夏季休暇等)
・社会保険:公立学校共済組合、雇用保険、労災保険
・定  年:65歳
募集期間
2020年09月01日 ~  2020年11月13日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募方法]
【応募書類】
(1) 個人調書 5部(本学部様式1、写真を貼付のこと)
 ※ 本学部様式1は以下の添付書類からダウンロードしてください。

(2) 教育研究業績書 5部(本学部様式2)
 ※ 本学部様式2は以下の添付書類からダウンロードしてください。

(3) 本学着任後の研究、教育および地域貢献などに関する抱負(2,000字以内、様式指定なし) 5部

(4) 上記(2)に記載の主たる研究業績を5編以内(各5部)
 ※ 論文の場合は抜刷かコピーを上記部数
 ※ 単行本の場合は1冊で可

(5) 連絡票 1部(様式指定なし)
 ※ 住所、氏名、電子メールアドレス、携帯電話番号その他自宅電話番号等連絡のとれる電話番号を記載

(6)その他、選考の過程で追加の書類の提出を求めることがあります。

【応募書類送付先】
下記の「連絡先住所」と同じ。

【注意事項】
※ 封書宛名面に、必ず「人間福祉学部(公的扶助論)教員応募」と朱書してください。

※ 応募書類は、原則として返却しません。著書等で返却を希望する場合は、応募者の費用負担により返却しますので、その旨を連絡票に明記の上、着払の宅配便等の宛名ラベルを同封してください。

※ 提出いただいた書類は、厳重に保管、管理し、審査終了後は、責任をもって廃棄します。また、書類に含まれる個人情報は、山梨県個人情報保護条例に基づき、選考以外の目的には使用しません。


[選考方法]
(1)第一次選考:書類審査

(2)第二次選考:面接(旅費は応募者の負担となります。)

[連絡先]
〒400-0035
山梨県甲府市飯田5丁目11-1
山梨県立大学飯田キャンパス
事務局 総務課 駒形 大輔
TEL 055(224)5261
FAX 055(228)6819
Mail soumu@yamanashi-ken.ac.jp
添付書類
電子応募
この公募は、電子応募できません。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください