求人ID : D120081329

テニュアトラック助教または准教授(女性限定) | 金沢大学

  • 公開日:2020.08.30.
  • 更新日:2020.08.30.

募集要項

求人内容
[専門分野・研究]
新型コロナウイルス感染症や想定外の大規模災害等に対処できる強靭かつ持続可能な社会の構築は喫緊の重要課題である.これまでの災害に強い社会基盤などのためのエンジニアリングの枠内にとどまらず,予測に基づいた計画を止揚した新たな方法論を再構築し,強靭な社会基盤の土台の上で,土木計画・交通計画の専門分野の知識を生かし,新たな生活様式へ変化した人々のくらしやニューノーマルな様々な社会・経済活動を考慮した未来社会のメカニズムの解明やそのトータルデザインに資する研究を推進することが必要であると考えられる.着任後は,これまでに行ってきた研究を深化させるとともに,このような研究に取り組んでいただきます.また,未来社会を牽引すると期待されるDX(デジタル・トランスフォーメーション)などに着目した本学の研究課題グループ「データサイエンス・ナノ・バイオ技術に基づいた環境価値の創造と超スマートシティのデザイン」(プロジェクト・リーダー:中山晶一朗)に所属し,超スマートシティのデザインに活用できる理論・モデル・技術の開発などの研究及びそれらに基づいた融合的な研究も行っていただきます.

[教育担当]
理工学域地球社会基盤学類(学士課程)土木防災及び環境都市コース,自然科学研究科環境デザイン学専攻(博士前期課程)
 なお,准教授採用の場合は自然科学研究科環境デザイン学専攻(博士後期課程)もあわせて担当いただきます.

[担当科目]
専門分野や土木計画学・交通工学の関連科目及び測量実習や確率統計等の土木系共通的科目の一部.

[募集人員]
テニュアトラック助教(任期は原則5年)または准教授(任期なし) 1 名

[着任時期]
令和 3 年 4 月 1 日以降のできるだけ早い時期

[勤務場所住所]
〒920-1192 金沢市角間町
研究分野
  • 大分野: 工学
  • 小分野: 土木工学
職種
  • 准教授・常勤専任講師相当
  • 助教相当
募集組織
金沢大学
勤務形態
常勤(テニュアトラック) 准教授採用の場合は任期なし
勤務地
北陸・甲信越 ・ 石川県
応募資格
(1) 博士の学位を有する女性研究者
(2) 着任後に未来社会デザイン工学に関する研究を行うことができる研究者で,これまでに交通工学あるいは土木計画学の分野で優れた国内外の研究業績を有し,上記の研究課題グループの構成員と協調して融合的研究を行うことができる方
(3) 教育に熱意を有し,専門分野の科目及び測量実習その他の共通的な土木系科目を担当可能な方
(4) 本学のグローバル人材育成の趣旨を理解し,英語による講義及び研究指導が行える方.日本語による講義および学生や教職員とのコミュニケーションに不自由しないこと.

※「男女雇用機会均等法」第8条(女性労働者に係る措置に関する特例)の規定により,女性教員の割合が相当程度少ない現状を積極的に改善するための経過措置として女性に限定した公募を実施します.
待遇
[勤務形態]
テニュアトラック常勤助教(任期は原則5年)または常勤准教授(任期なし),裁量労働制

テニュアトラック教員へのテニュア付与の可否については,任期満了前の所定の時期に研究・教育実績に関する学内審査を行います.本学テニュアトラック制度の規定については,下記 URL をご覧ください.
http://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/04/tenure.pdf

※ テニュア付与基準の概略
(1)国内外で,分野における研究成果が特に優れていると認められること
(2)適正に計画された研究計画が達成されていること
(3)十分な競争的研究資金を獲得していること
(4)学生に対する教育成果(研究指導,講義内容)が優れていると認められること

※テニュア・トラック教員には,スタートアップ研究経費として初年度80万円程度を措置する予定です.
給与:年俸制が適用

[就業規則]
就業規則に関する規程等については,下記 URL等をご覧ください.
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules

[その他の項目]
本学の規定による
募集期間
2020年10月30日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[提出書類]
(1) 履歴書(写真添付,郵便番号、現住所,連絡先[電話番号,メールアドレス],大卒以降の学歴,学位,職歴,学会及び社会における活動や賞罰等について記入)
(2) 研究業績(査読付き研究論文[学術雑誌掲載のもの],研究論文[国際会議プロシーディング,査読有無を記載],著書,総説・解説,特許などに分類し,共著者名,発表機関,巻[号],最初と最後のページ,発表年を含めて記載.応募者名に下線を付与.SCI expanded に含まれる雑誌は*[アスタリスク]を付け,Impact Factor を記載)
(3) 学会および社会における活動該当箇所(5 年以内の状況)
(4) 科学研究費補助金,受託研究,共同研究,寄付金などの外部資金の獲得状況
(5) 教育・研究に対する抱負(10 ポイントで 1,000 字程度, A4 用紙 1 ページ以内)
(6) これまでの研究活動及び教育活動とその状況(A4 用紙,1,500 字程度)
(7) 主要論文の別刷り(3~5 編以内,コピー可)
(8) 応募者に関して意見を伺える方 2 名の氏名および連絡先
(9) 着任を希望する職位(テニュアトラック助教または准教授)

※上記の項目(1) - (5)については,下記 URL に掲載されている「個人調書」に記入の上,応募してください.(6) - (9)は別紙となります(書式任意).
https://www.se.kanazawa-u.ac.jp/researcher/koubo.html

※上記全ての書類(A4サイズ紙に印刷したもの)を送付する際に,それら全ての電子データ(MS Word ファイルとPDFファイルの両方)を CDROM や USB メモリ等の記録メディアにコピーして同封してください.

[応募締切(再掲)]
令和 2 年 10 月 30 日(金)必着

[選考方法]
書類選考の上,候補者に対し面接(プレゼンテーション,英語での模擬授業など)を行います.面接の旅費等は自己負担となります.選考及び面接結果については,本人に直接通知しますが,通知までに時間がかかる場合があります.

[提出先]
〒920-1192 石川県金沢市角間町
金沢大学理工研究域地球社会基盤学系 系長 教授 桝谷浩

[問い合せ]
〒920-1192 石川県金沢市角間町
金沢大学理工研究域地球社会基盤学系 教授 中山晶一朗
電話: 076-234-4615(直通)
E-mail: nakayama_at_staff.kanazawa-u.ac.jp (_at_は@へ変換してください)

[その他]
(1) 応募書類は,封筒表面に「未来社会デザイン工学教員公募書類在中」と朱書きの上,簡易書留にて郵送してください.応募書類は返却しません.
(2) 書類に不備がある場合,応募を受け付けないことがあります.適任者がいない場合や適正な選考ができない場合,採用を見送ることがあります.
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
(1)金沢大学では,教員の英語による教授能力向上と,英語による開講科目の増設などを前提とした英語教育に取り組んでいます.下記 URL をご覧ください. http://sgu.adm.kanazawa-u.ac.jp/kusgu/project.html (2)金沢大学では男女共同参画を推進しています.下記 URL をご覧ください. https://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください