求人ID : D120080992

ヘリカル研究部基礎物理シミュレーション研究系プラズマ粒子シミュレーション研究部門 教授選考

  • 公開日:2020.08.21.
  • 更新日:2020.08.21.

募集要項

求人内容
このたび、当研究所では下記の要領で教授を公募いたします。

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
 核融合科学研究所では、数値実験炉研究プロジェクトを推進し、核融合磁場閉じ込め装置全体のプラズマ挙動の予測に繋がる大規模シミュレーション科学研究を展開している。中でも、基礎物理シミュレーション研究系では、プラズマ・核融合における非平衡開放系物理の先端的シミュレーション研究、及びその基盤研究としての新しいシミュレーション手法、スーパーコンピュータ利用技術、実3次元可視化技術の高度化を通じ、数値実験炉研究プロジェクトに貢献するとともに、異分野連携研究・産学連携研究を実施している。
 今回公募する教授には、これらの研究を積極的に推進するとともに、プラズマ及びその関連分野においてシミュレーション研究の新たな領域開拓を先導することのできる能力と知見を求める。公募する部門は「プラズマ粒子シミュレーション研究部門」であるが、専門は必ずしも粒子シミュレーションにとらわれず、幅広く優秀な人材を求める。

[勤務地住所等]
〒509-5292
岐阜県土岐市下石町322-6

[募集人員]
1名

[着任時期]
令和3年4月1日以降のなるべく早い時期
研究分野
  • 大分野: 工学
  • 小分野: エネルギー工学
  • 大分野: 工学
  • 小分野: プラズマ理工学
  • 大分野: その他
  • 小分野: プラズマ物理
職種
  • 教授相当
募集組織
自然科学研究機構核融合科学研究所
勤務形態
常勤(任期あり) 任期5年、在任中の業績評価により再任も可とする
勤務地
東海 ・ 岐阜県
応募資格
希望事項
(1)博士の学位を有すること
(2)プラズマ・核融合またはその関連分野におけるシミュレーション研究の経験を有すること
(3)異分野との連携を通じた新領域の開拓に意欲のあること
(4)共同利用機関としての役割を理解し、その運営に貢献すること
(5)大学院生の教育と若手研究者育成に意欲のあること
待遇
給与:自然科学研究機構の規程による
諸手当等:自然科学研究機構の規程による
健康保険・年金:文部科学省共済組合、厚生年金に加入
雇用保険:加入
労災保険:加入
勤務時間:始業時刻 8:30 ~ 終業時刻 17:15(休憩60分)
休日:土、日、祝
休暇:夏季休暇・年末年始休日有り
募集期間
2020年11月09日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[選考方法]
・選考は、核融合科学研究所運営会議において行う。
・選考においては、書類審査を行い、必要に応じて、面接を実施する場合がある。

[提出書類]
((2)~(5)については6部必要)
(1)履歴書:原則として市販の用紙を使用し、可能な就任時期も明記すること。
(写真貼付、取得学位名を明記の上、連絡先にE-mailアドレスを記入すること。)
(2)研究歴:任意の様式による。2,000字程度。
(3)就任後の抱負:任意の様式による。2,000字程度。
(4)研究業績発表論文リスト:共著の論文については、共著者名をすべて記入し、それぞれの論文について、レフリーによる審査(査読)を経たものであるか、否かの区別を明確にすること。また、リストとは別に、主要な論文についてはその概要と本人の寄与についてまとめること。(任意の様式による。)
なお、リスト作成にあたっては、当研究所の「研究業績リスト作成基準」(当研究所ホームページ(URL:https://www.nifs.ac.jp/jinji/に掲載)によること。
(5)論文別刷:主要な論文(学位論文及び投稿中又は投稿予定を含む。)5編以内の別刷を添付すること。(別刷がない場合はコピーでも可)
(6)推薦書:2通。任意の様式による。

上記の書類は、履歴書以外は原則としてA4判横書きとし、それぞれ別葉とすること。
また、各書類のすべてのページの右肩上に応募者氏名を必ず記入すること。

[書類送付先]
〒509-5292 土岐市下石町322-6
核融合科学研究所 管理部総務企画課人事係
封筒の表に「基礎物理シミュレーション研究系プラズマ粒子シミュレーション研究部門(教授)公募関係書類」と朱書し、郵送の場合は簡易書留とすること。

[問い合わせ先]
(1)提出書類について
核融合科学研究所管理部総務企画課人事係
電話 0572-58-2013(直通)
(2)研究内容等について
核融合科学研究所ヘリカル研究部基礎物理シミュレーション研究系
研究主幹 教授 石黒 静児
電話 0572-58-2540(直通)
電子応募
この公募は、電子応募できません。
応募上の配慮
■障害のある方 障害者手帳の写し(職場内での配慮について考慮するため)を可能であればご提出下さい。 ■その他 ・産前産後・育児・介護のための休暇・休業(育児部分休業、介護部分休業を含む。)の取得、又は業務上若しくは通勤途上による傷病に起因する病気休暇・病気休職により研究を行うことができなかった期間がある場合には、履歴書等にその旨明記していただければ、業績を評価する際に配慮します。
備考
(1)この公募内容については、当研究所のホームページ(URL:https://www.nifs.ac.jp/jinji/)に掲載していますので、ご参照ください。 (2)提出された書類は返却しませんのでご了解ください。 (3)給与待遇は原則年俸制になります(年俸の12分の1を月額支給)。 (4)当研究所の任期制については、「核融合科学研究所研究教育職員の任期に関する規則」(https://www.nifs.ac.jp/jinji/index.html)によります。 (5)本人事においては男女共同参画社会基本法の趣旨を尊重します。 ・研究・教育業績や人物の評価において同等と認められた場合には、女性を採用します。 ・産前産後・育児・介護のための休暇・休業(育児部分休業、介護部分休業を含む。)の取得、又は業務上若しくは通勤途上による傷病に起因する病気休暇・病気休職により研究を行うことができなかった期間がある場合には、履歴書等にその旨明記していただければ、業績を評価する際に配慮します。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください