求人ID : D120081059

准教授又は助教の公募(日中近現代比較思想分野) | 広島大学

  • 公開日:2020.08.22.
  • 更新日:2020.08.22.

募集要項

求人内容
[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]
 森戸国際高等教育学院は、広島大学の学内共同教育研究施設として、学内外における日本語・日本文化教育を充実させるとともに、海外との学生交流を推進し、グローバルキャンパス化の推進を図ることを目的に、平成30年10月に設置されました。
 森戸国際高等教育学院は、上記の目的を達成するために、主に次の業務を行います。
(1) 外国人留学生に対する日本語及び日本文化・日本事情に関する教育
(2) 多様な外国人留学生等の受入れに関すること
(3) 学生の海外留学に関すること
(4) 外国人留学生に対する修学上及び生活上の指導助言
(5) その他上述の目的を達成するために必要な業務

[仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)]
担当科目
(1)教養教育科目:(留学生科目)Advanced Japanese(Analysis),日本語・日本文化特別研究 等
(2)学部(専門教育科目):日本語中級(日本語),日本語上級(日本語) 等
(3)大学院(博士課程前期):日中近代比較思想(日本語/英語/中国語),通訳翻訳特殊演習(日本語/英語/中国語),日中近現代比較思想(日本語/英語/中国語) 等
(4)大学院(博士課程後期):日本社会とコミュニケーション研究(日本語/英語) 等
(5)この他,教養教育科目や他の学部・大学院の専門教育科目,全学事業も担当することがあります。

[勤務地住所(就業場所の詳細等)]
広島県東広島市鏡山1-1-1 広島大学東広島キャンパス

[募集人員(職名・採用人数等)]
准教授又は助教・1名
※採用時の業績審査により,テニュア教員(准教授),テニュアトラック教員(准教授,助教)のいずれかに決定

[着任時期(採用日、着任日等)]
2021年4月1日
研究分野
  • 大分野: 人文学
  • 小分野: 文学
  • 大分野: 人文学
  • 小分野: 言語学
職種
  • 准教授・常勤専任講師相当
  • 助教相当
募集組織
広島大学
勤務形態
常勤(テニュアトラック) 採用時の業績審査により決定
勤務地
中国 ・ 広島県
応募資格
[業務に必要な特定分野の公的資格・条件(学歴、学位など)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]
(1)博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有すること。
(2)博士課程後期の論文指導を担当できること。
(3)大学院における博士課程前期又は博士課程後期の論文指導経験を有すること。
(4)英語による教育・研究指導ができること。
(5)日本以外の国の大学で学位を取得している,又は日本以外の国での教育研究歴が通算1年以上あること。
待遇
[採用後の待遇(職名、給与(賃金)、勤務時間、雇用形態、雇用期間・試用期間)] ※重要

職名:准教授又は助教
※採用時の業績審査により,テニュア教員(准教授),テニュアトラック教員(准教授,助教)のいずれかに決定
【テニュアトラック制適用の場合】
テニュアトラック期間:7年(准教授の場合)または5年(助教の場合)
(1)広島大学のテニュアトラック制に関する規則に基づき,テニュアトラック期間が満了する6か月前までに准教授でのテニュアを付与するかどうかのテニュア審査を行い,これに合格すればテニュアを付与します。テニュア審査は,中間審査及び最終審査により行います。
(2)最終審査の結果,テニュアを付与しなかったときは,テニュアトラック期間の満了をもって退職となります。
(3)テニュアトラック期間に出産・育児・介護のライフイベントがあった場合には,休業期間に応じテニュアトラック期間を一定期間延長することができます。

給与:年俸制(2020年4月施行の新制度)適用

勤務時間:8:30〜17:00(月〜金) 

試用期間:あり(6か月間)

[時間外労働の状況、休憩時間、裁量労働制等はその旨、休日、各種保険(社会保険、労働保険)、各種制度(昇給、賞与、交通費支給、退職金、定年等)、雇用でない場合の採用者との契約形態等]
休憩時間:12:00〜12:45
専門業務型裁量労働制の適用に同意した場合は,1日7時間45分,1週間38時間45分働いたものとみなされます。
休日:原則として土曜,日曜,祝日
各種保険:文部科学省共済組合,雇用保険,労災保険
募集期間
2020年08月20日 ~  2020年09月30日 必着 17:00(日本時間)必着
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募書類、応募(提出)方法(郵送・メール添付・Web応募利用の詳細など)、送付先(住所・メールアドレス・Web応募URL等)]
応募書類
(1)履歴書(添付の指定様式で作成すること)
・過去5年間に広島大学で雇用(TA,RA,研究員等を含む)されたことがある場合は,漏らさず記載してください。
・ResearcherIDまたはORCID情報はClarivate Analytics社またはORCID webページより取得が可能です。
(2)研究業績一覧(各研究業績に番号を付け,審査付論文の番号にはアンダーライン,主要研究業績5点には番号の冒頭に*印を付けること。)
(3)主要な研究業績5点(別刷又はコピー,著書)
(4)教育上の主要な業績
(5)社会貢献に関わる主要な業績
(6)大学等における管理運営に関わる主要な実績
(7)最近5年間における外部資金の獲得状況
(8)研究・教育に対する抱負と中長期計画(2,000~3,000字)

提出方法
応募書類(1)~(8)を全てPDFファイルにし,E-mailに添付して以下のアドレス宛にご送付ください。E-mailの件名及び添付ファイルは,“MORITO-2”の文言の後ろに応募者の姓名を括弧書きで加えたものとしてください(例えば,山田太郎さんの場合は,MORITO-2(Yamada_T)となる。)
送付先:広島大学 国際室国際部グローバル化推進グループ(総務担当)
メールアドレス:kokusai-soumu@office.hiroshima-u.ac.jp
※容量が10MBを超える場合はメールを分割して送付すること。その際,E-mailの件名の最後に,1/2,2/2など応募書類の分割数が分かるようにすること。また,圧縮ソフトは使用しないこと。
※折り返し受理通知のE-mailを返送するので,必ず確認すること。
応募書類(3)について,データ送付が難しい場合は以下の宛先に郵送してください。
〒739-8511 広島県東広島市鏡山1丁目3番2号
広島大学 国際室国際部グローバル化推進グループ(総務担当)
※封筒の表に「教員(MORITO-2)応募書類(3)在中」と朱書し,書留郵便で送付してください。
※郵送したことを必ずE-mailでもお知らせください。

[選考内容(面接・選考の場所、選考方法、採否の決定など)]
(1)書類審査
(2)必要に応じて面接を行うことがあります。面接を行う場合は,原則として,英語による模擬授業を行います。ただし,交通費等は支給できませんので,あらかじめ御了承ください。なお,書類審査通過者に面接を行う場合は,その形式について,別途連絡します。
(3)広島大学は,男女共同参画を推進しています。本学は,「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り,業績(研究業績,教育業績,社会貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。

[結果通知方法、応募書類の返却可否等]
結果通知方法:メール
応募書類は,当該採用選考業務終了後,適切な方法にて廃棄いたします。(著書等,返却希望がある場合にはご相談ください)

[問い合わせ連絡先(担当者所属、役職、氏名、機関のメールアドレス及び、電話番号)] ※重要
広島大学森戸国際高等教育学院 副学院長 荒見 泰史
E-mail: arami@hiroshima-u.ac.jp
TEL: 082-424-6347
添付書類
電子応募
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
応募上の配慮
■海外など遠方にお住まいの方 面接は対面が原則ですが、海外在住者や国内遠隔地在住者については、面接をオンラインで行う選択も可能とします。
備考
(1)広島大学では全ての大学教員は「学術院」に所属し,学部,研究科,研究院,病院などの教育研究組織に配属されます。教員は配属された教育研究組織の教育・研究に従事することになりますが,教養教育科目や他の教育研究組織の教育・研究,全学事業を担当することもあります。 (2)広島大学では教員の分野ごとに採用最低基準を定めています。人事選考過程の第一次選考において本基準を適用し,最低基準を満たした方を選考対象といたします。本公募で適用する採用最低基準は以下のURLに掲載しています。 https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment/kyoinkobo/ (3)広島大学では本人事以外にも本学の求人情報(研究職,事務職等)を提供しています。配偶者が就業を希望される場合等にご参照ください。 求人情報:https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください