求人ID : D120081507

昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科 専任教員の公募 (科目名:児童・家庭福祉、他) | 昭和女子大学

  • 公開日:2020.09.02.
  • 更新日:2020.09.02.

募集要項

求人内容
[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
教員の補充

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
担当科目:「児童・家庭福祉(旧:児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度)」、「社会的養護」「ソーシャルワーク演習」「ソーシャルワーク実習指導」「ソーシャルワーク実習」「専門演習」「基礎演習」「女性に対する支援と福祉施策」「社会福祉総合講座(オムニバス)」「児童家庭福祉研究(大学院)」等を担当予定。
そのほか、大学教務業務及びクラスアドバイザー業務等。

[勤務地住所等]
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57(最寄り駅:東急田園都市線三軒茶屋駅)

[募集人員(職名・採用人数等)]
1名 教授または准教授

[着任時期]
2021年4月1日(木) から
研究分野
  • 大分野: 社会科学
  • 小分野: 社会福祉学
職種
  • 教授相当
  • 准教授・常勤専任講師相当
募集組織
昭和女子大学
勤務形態
常勤(任期あり) 5年*所定の審査の上、左記任期満了後、テニュアとしての任用の道有り
勤務地
関東 ・ 東京都
応募資格
[業務に必要な特定分野の公的資格・条件(学歴、学位など)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]

次のすべての条件を満たす方
(1)本学・学部の教育方針を理解し、熱意をもって学生の教育・指導及び校務の運営に参加できること
(2)担当領域の研究業績や実績を有すること
(3)当該分野で博士の学位を有する、あるいは同等の学識を有することが望ましい
(4)大学あるいは同等以上の教育機関で上記科目の教歴があることが望ましい
(5)大学院を担当できることが望ましい
(6)国内外の福祉研究やフィールドワークに関する研究業績があることが望ましい
(7)相談援助実習指導の教員資格を有すること
なお、相談援助実習指導の教員資格要件とは下記の通りです
(ア)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(大学院及び短期大学を含む。)又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む。)として、相談援助実習指導を5年以上担当した経験を有する者
(イ)学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、相談援助実習指導を5年以上担当した経験を有する者
(ウ)社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者  
(エ)科目省令第4条第二号ニに規定する講習会(以下「社会福祉士実習演習担当教員講習会」という。)において、相談援助実習指導の指導に係る課程を修了した者
(8)相談援助演習の教員資格を有すること
なお、相談援助演習の教員資格要件とは下記の通りです
(ア)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(大学院及び短期大学を含む。)又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む。)として、相談援助演習を5年以上担当した経験を有する者
(イ)学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、相談援助演習を5年以上担当した経験を有する者
(ウ)社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者  
(エ)科目省令第4条第二号ニに規定する講習会(以下「社会福祉士実習演習担当教員講習会」という。)において、相談援助演習の指導に係る課程を修了した者
(9)海外研修の引率や留学生への英語での対応ができることが望ましい
(10)学科の学務運営一般および研修の引率等に従事可能であり、クラスアドバイザーとして、学生の履修・生活面における指導や助言を与えることができること
待遇
[採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等)]
本学規程による
募集期間
2020年08月31日 ~  2020年10月12日 消印有効
応募・選考・結果通知・連絡先
[応募書類、応募(提出)方法(郵送・メール添付・Web応募利用の詳細など)、送付先(住所・メールアドレス・Web応募URL等)]
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 教育研究業績書
※(1)(2)は、下記添付書類からダウンロードしてください。(A4に片面印刷・クリップ留めにて提出 ホチキス不可)
(3) 主要業績として、著書または論文(抜刷またはコピー)3点
(4) 予定している「児童・家庭福祉(旧:児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度)」のシラバス
講義概要 200 字程度と授業15 回分の簡単な内容(書式自由)
(5) 本学での教育の抱負(1000字程度 書式自由)
(6) 資格証明書のコピー
(7) レターパック・書留または宅配便等の送付追跡ができるもので送付すること
※提出書類に含まれる個人情報は、採用選考決定以外の目的には、一切使用いたしません
※書類以外での申請、また書類に不備のある場合は、審査の対象といたしません
※提出書類は返却しませんのでご了承ください(当方で、責任を持って処理いたします)
但し、返却を希望される場合は、返信用封筒に返却先を記載して、必要な料金分の切手等を貼付のうえ、応募書類に同封してください


[送付先]
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57 昭和女子大学福祉社会学科 教員公募担当宛
※封筒表に「福祉社会学科 児童・家庭福祉(常勤)の教員応募書類在中」と朱書のこと


[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
(第1次)書類審査
(第2次)面接・模擬授業/10月下旬~11月上旬に実施の予定 旅費は応募者負担 
※第1次の書類審査の結果及び第2次審査の日時は後日メールにて連絡いたします
※採否の決定:選考結果はメールまたは書面にて本人に直接通知します


[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)]
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57 昭和女子大学福祉社会学科 教員採用担当宛
e-mail fuku@swu.ac.jp
質問・連絡については件名を「児童・家庭福祉(常勤)の教員採用について」とし、メールでお願いいたします
添付書類
電子応募
この公募は、電子応募できません。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください