求人ID : D120090237

地球環境研究センター 特別研究員(脱炭素化技術の日本での開発/普及推進戦略におけるELSI(科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題)の確立に関する研究)

  • 公開日:2020.09.04.
  • 更新日:2020.09.04.

募集要項

求人内容
[業務内容]
 気候変動問題に対応するため、国際社会はパリ協定に合意し、今世紀半ばから後半に人間活動による二酸化炭素排出を実質ゼロにする「脱炭素化」を目指している。とりわけ日本では、その対応戦略において脱炭素化技術のイノベーションが重視されている中、2020年10月より国立環境研究所にて、日本の研究開発戦略・気候変動対応戦略において開発・普及が推進されている個々の脱炭素化技術(新興技術および既存技術)ならびにその開発・普及戦略全体を対象として、ELSI(科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題)を含む多面的な観点からの評価枠組を構築し、提案する研究プロジェクトを開始する。
 実施内容としては、対象技術についての既存評価の包括的なレビューと幅広い関係者の参加を含むテクノロジーアセスメントを設計・実施し、その結果に基づき、技術的・経済的観点を主とする従来型の評価をELSIを含む観点から見直した「脱炭素化技術の多面的な評価枠組」を構築する。並行して、日本における過去の気候変動対応戦略の政策過程を定性的・定量的に分析し、政策議論の現場にELSIを含む「脱炭素化技術の多面的な評価枠組」を提案する。
 この度、この研究プロジェクトにおいて特別研究員として研究に取り組む人材を募集する。応募者は、採用後、上記プロジェクトに関わる国立環境研究所職員らとの相談を経て、以下の(1)の研究業務に主に携わるとともに、(2)(3)との連携に参加する。

(1) 脱炭素化技術を対象としたELSIの観点を含む多面的評価枠組の開発と提案 - 対象とする脱炭素化技術の範囲およびその包括的な提示方法の検討、脱炭素化技術の多面的な評価枠組の開発、評価枠組の提案方法の検討と提案等を行う。
(2) 脱炭素化技術のテクノロジーアセスメント(TA)の設計と実施 - 脱炭素化技術に関するELSI課題を中心とした文献調査、ステークホルダー分析を応用したフロントランナーの同定、TAレポートの作成、脱炭素化技術のELSIの確立のためのTA方法論の定式化等を行う。
(3) 脱炭素社会形成へ向けた日本の政策過程の分析とELSIの観点からの考察 - 気候エネルギー政策関連審議会データ取得、データと二次文献調査に基づく定性・定量分析、それらの分析の統合、過去の気候エネルギー政策議論の技術・経済的観点、ELSIの観点からの評価等を行う。


[勤務地住所等]
〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
国立研究開発法人国立環境研究所
地球環境研究センター

[募集人員]
特別研究員:1名

[着任時期]
令和2年11月1日以降のなるべく早い時期。
研究分野
  • 大分野: 環境学
  • 小分野: 環境創成学
  • 大分野: 複合領域
  • 小分野: 科学社会学・科学技術史
  • 大分野: 社会科学
  • 小分野: 政治学
職種
  • 研究員・ポスドク相当
募集組織
国立研究開発法人国立環境研究所
勤務形態
非常勤(任期あり) [雇用期間・更新] 採用日より令和3年3月31日まで。 なお、研究所の事業計画、勤務実績等の状況により令和5年8月31日(最長更新限度)までの間に限り、年度単位での更新があり得ます。
勤務地
関東 ・ 茨城県
応募資格
[必要とされる専門分野及び資格]
 以下の全ての要件を満たすこと。
(1) 採用時に博士の学位を有するか、またはこれと同等以上の能力を有すること。
(2) 科学技術社会論または環境学、理学、工学、政治学、経済学等のいずれかの研究分野に精通し、当該分野での研究実績を有すること。
(3) 外国人研究者を含む他の研究者、研究所内外の関連機関と連携して研究を実施できること。
(4) 調査研究に必要な日本語および英語によるコミュニケーション能力と研究成果発信能力を有すること。
待遇
(職種)特別研究員 ※契約職員
(雇用形態)フルタイム ※国立環境研究所では、フルタイムの契約職員も非常勤待遇となります。
(1日の勤務時間)7時間45分
(時間外及び休日勤務の有無)有
(給与)「国立研究開発法人国立環境研究所契約職員給与規程」に基づき支給する。
 基本給(日給): 15,120円より(規程に基づき決定)
(試用期間)6箇月
(その他就業関係)「国立研究開発法人国立環境研究所契約職員就業規則」及びその他関連規程によりご確認ください。
(参考)国立環境研究所基本規程 http://www.nies.go.jp/kihon/kitei/index.html
募集期間
2020年10月31日 必着 ただし適任者が見つかり次第締め切ります。
応募・選考・結果通知・連絡先
[提出書類]
(1) 履歴書(写真貼付、所定の様式を使用(http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/form.html))1部
(2) 研究業績目録(原著論文、著書、解説、口頭発表別)1部
(3) 主要論文(最大3編)の別刷りまたはコピー 各1部
(4) これまでの研究概要(A4判1枚程度、上記[業務内容]および[必要とされる専門分野及び資格]との関連を明示すること)1部
(5) 上記の研究を行うにあたっての抱負(A4判1枚程度)1部
(6) 所見を求めうる方2名の氏名と連絡先 1通
(応募書類の返却不可(選考後不採用となった場合は責任を持って処分します。))

 なお、履歴書の職歴欄には雇用先、雇用期間等を正確に記載してください。
 また、国立環境研究所との間に雇用契約以外の契約・委嘱等の関係(共同研究、研究協力、労働者派遣、請負常駐等)がある場合は、その旨も記載してください。


[応募方法]
郵送による。
(封筒に朱書きで「脱炭素化技術の日本での開発/普及推進戦略におけるELSIの確立に関する研究 特別研究員応募書類」と記載すること。)

[選考方法]
書類審査の後、面接を行い決定する。面接を行う者には別途連絡をする。

[問い合わせ及び書類提出先]
国立研究開発法人国立環境研究所
(住所)〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
(ユニット名)地球環境研究センター
(室名)炭素循環研究室
(氏名) 江守正多
(TEL) 029-850-2724
(E-mail) emori(半角で@nies.go.jpをつけてください。)
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
[公募番号] R02-研-034 ※本公募は科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律第15条の2の対象業務に該当します。  科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律と労働契約法第18条の通算契約期間に関しては、以下を参照してください。  https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000488206.pdf
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください