求人ID : D120010066

【期間延長】大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 知能機械システム学講座 教授の募集 | 岡山大学

  • 公開日:2020.01.08.
  • 更新日:2020.09.04.

募集要項

求人内容
【機関の説明(募集の背景)】
岡山大学 大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 知能機械システム学講座では、 下記の教授1名を公募します.
研究内容: 機械・制御・情報知能などの学問分野を基礎とした新しいロボティクス・メカトロニクスシステムに関連する工学分野とその社会実装に関する研究
関連するキーワード: ロボティクス、メカトロニクス、フィールドロボティクス、移動ロボット、レスキューロボット、ドローン、UAV、 自動運転、AI、 知能ロボティクスなど
これらの分野での研究業績を有し、今後の発展が期待できること、さらに工学の基礎分野を含む教育に優れた能力と熱意を有することを選考の方針とします。

【業務内容】
ロボティクス・メカトロニクスシステムに関連する工学分野とその社会実装に関する研究、学部・大学院における機械システム系関連の基礎・専門科目の教育および研究指導

【勤務地住所】
岡山県岡山市北区津島中3-1-1

【募集定員】1名
職名:教授
採用人数:1名

【着任時期】
2021年4月以降できるだけ早い時期
研究分野
  • 大分野: その他
  • 小分野: 知能機械学・機械システム ロボティクス
  • 大分野: その他
  • 小分野: 知能機械学・機械システム メカトロニクス
  • 大分野: その他
  • 小分野: 知能ロボティクス 知能ロボット
職種
  • 教授相当
募集組織
岡山大学
勤務形態
常勤(任期なし)
勤務地
中国 ・ 岡山県
応募資格
(1)博士の学位を有すること
(2)教育ならびに研究に熱意を有するとともに国際交流・産学連携活動に積極的な方
(3)英語による講義、教育、研究指導ならびに大学院生に対する国際的教育ができる方
なお岡山大学では、男女共同参画を推進し、女性教員をサポートしています。女性の積極的な応募を歓迎します。
待遇
【採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等)】
給与:採用者には年俸制を適用します。給与の額等は,国立大学法人岡山大学年俸制適用職員給与規則の定めるところにより,本人の学歴,免許・資格,職務経験等を勘案して決定されます。
勤務時間:専門業務型裁量労働制、所定時間外労働原則無、休日労働有(本学職員就業規則第41~42条)
休日:毎週土・日曜日,国民の祝日,12月29日~翌年の1月3日(本学職員就業規則第42条の2)
雇用期間:任期の定めなし
保険等:雇用保険,労災保険,国家公務員共済組合の年金・健康保険
岡山大学公式ホームページ諸規則集 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/kisoku.html
募集期間
2020年01月07日 ~  2020年09月28日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
【応募方法】
(1) 履歴書(様式1)
(2) 学会及び社会における活動(様式2)
(3) 教育に関する経歴書(様式3)
(4) 研究業績概要書(様式4)
(5) 研究業績目録(様式5)
(6) 著書,別刷等(主要なもの10編以内、コピー可)
(7) その他審査に必要な書類(形式自由)
    ① 将来の研究の展望と教育に関する抱負
    (研究と教育について、それぞれA4用紙で1枚1200字以内)
    ② 最近10年間の科学研究費補助金、各種外部資金の獲得状況(代表者に限る)
    ③ 推薦者1名の氏名・所属および連絡先
様式1〜5は、本公募添付書類をご利用ください。
なお,応募者ご自身への連絡のためのEメールアドレスを応募様式とともにお送りください。

上記の書類を下記の【連絡及び送付先】へ郵送してください。

※応募書類は返却しませんので、ご留意ください。なお、個人情報は選考目的以外には使用せず、審査終了後、当法人にて責任をもって処理いたします。


【選考方法】
書類選考後、必要に応じて随時面接を実施いたします。
面接日程については、後日連絡いたします。
(面接にかかる交通費及び宿泊費は応募者の負担といたします。)

【連絡及び応募書類送付先】
〒700-8530 岡山市北区津島中三丁目1番1号
岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻 神田岳文
TEL: 086-251-8159
E-mail: kanda-t@okayama-u.ac.jp(@を半角に変えてください)

注)郵送の際は、簡易書留とし、表書に「知能機械システム学講座教員(教授)応募書類在中」と朱書き願います。原則として応募書類は返却いたしません。
添付書類
電子応募
この公募は、電子応募できません。
備考
1/7~8/31公募の延長 令和3年4月に、工学部と環境理工学部を再編改組して、「 Society5.0 for SDGs 」の実践的教育を特色とする新生「工学部 」を設置する予定です。
掲載元で詳細を見る

※最新の情報は掲載元でご確認ください