医療の記事一覧

ラグビー選手は肩関節脱臼「4回」で骨欠損が生じやすい 順天堂大学が解明

 順天堂大学大学院医学研究科の金子和夫教授らの研究グループは、肩の関節が外れる「脱臼」や、ズレが生じ […]

市販の水素ガス吸入機に爆発危険性 慶應義塾大学とMiZが共同研究

 慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭教授とMiZ株式会社は共同研究を行い、JIS規格「4%以上で爆発 […]

便秘薬で腎臓病の進行抑制と心血管疾患予防の可能性 東北大学

 東北大学の阿部高明教授らの研究グループは慶應義塾大学と共同で、便秘症の治療薬として使用される薬剤リ […]

東海大学と富士フイルム 環境消毒で学校のインフルエンザ集団感染を抑制

 富士フイルム株式会社と東海大学医学部の梅澤和夫准教授らは、富士フイルム独自の抗菌技術による環境清拭 […]

日欧における臍帯血移植の予後予測因子、初の国際共同研究で明らかに

 同種造血管細胞移植は、再発・難治性白血病に対して根治が期待できる治療法とされる一方、約半数の患者に […]

九州大学、アトピー性皮膚炎の「痒み感覚」伝達に関与する物質を発見

 アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31が、ニューロキニンBという物質を介して脳に痒み […]

心臓カテーテル検査・治療中の心肺蘇生率を高める技術、中部大学などが開発

 中部大学の伊藤守弘教授らの研究グループは、三重大学と共同で、血管からのカテーテル挿入による治療中に […]

慶應義塾大学発ベンチャーとジンズ 世界初の“近視進行抑制メガネ”開発に着手

 慶應義塾大学の坪田一男教授が代表を務める慶應義塾大学医学部発ベンチャー、株式会社坪田ラボと株式会社 […]

ステロイドに代わる新薬開発へ、京都大学が皮膚炎発症にはたらく酵素を発見

 京都大学の研究グループは、p38-MAPキナーゼという酵素のはたらきを抑えることが、あらたな外用薬 […]

がんのエネルギー産生の仕組みを解明 「鬼の目」を閉じる治療法開発に期待

 多くのがんに共通する変化として、核小体の肥大化が挙げられる。細胞にはDNAを包む核があり、その中に […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 48