社会をリードし時代を創る女性たちを育てる、国立総合女子大学。

お茶の水女子大学は、1875(明治8)年に東京女子師範学校が設立されたことに始まります。以降、学ぶ意欲を持って社会のために役立ちたいと望む女性たちのために、女子教育の先達として、道を切り拓いてきました。そして今も、広い知識と豊かな想像力を備え、豊かな未来を創造する、優れた女性人材を育成を目指しています。

→お茶の水女子大学公式HP

お茶の水女子大学の記事一覧

東北大学とお茶の水大学が連携協定、女性初の帝大生黒田博士が縁

 東北大学とお茶の水女子大学が包括連携協定を結んだ。日本の女性科学者の草分けとされる黒田チカ博士(1 […]

高い効率性や省エネルギー性を持つ人工たんぱく質の創出に期待

 お茶の水女子大学の三宅亮介講師と東京農工大学の村岡貴博准教授らの研究グループは、人工的にデザインし […]

2018年度東京都女性活躍推進大賞 お茶の水女子大学、東京農工大学が受賞

 2018年12月25日、東京都は2018年度の東京都女性活躍推進大賞を発表した。大賞にお茶の水女子 […]

お茶の水女子大学、トランスジェンダーの学生受け入れへ

 お茶の水女子大学は、戸籍上は男性でも心の性が女性というトランスジェンダーの学生を2020年度から受 […]

お茶の水女子大学の記事一覧