私塾から始まり、常に学界をリードする。少数精鋭の社会科学系総合大学のトップ

一橋大学は、1875(明治8)年に森有礼が、渋沢栄一や福沢諭吉の協力を得ながら開いた商法講習所という私塾が始まりです。以降、商業だけでなく社会科学全般をリードする大学へと発展していきます。一橋大学の特徴的な教育の一つは少人数生のゼミナールです。学生は1年生の後期課程から少人数のゼミナールに所属し高度な研究と密度の濃い教育を受けることができます。

→一橋大学公式HP

一橋大学の記事一覧

指定国立大学法人、文部科学省が7校目に一橋大学を追加

 文部科学省は世界最高水準の教育研究活動展開を目指す指定国立大学法人に一橋大学を追加した。東北大学、 […]

出身大学別30歳時年収 1位東京大学、2位一橋大学、3位京都大学

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株 […]

資生堂、一橋大学と大阪大学の男子大学生にスキンケアセミナー

 資生堂ジャパン株式会社は同社のメンズスキンケアブランド「uno」を使い男子大学生向けにセミナーを開 […]

東京医科歯科大学と東京都が協定、保健医療行政を支援

 東京医科歯科大学は東京都と協定を締結し、東京都地域医療政策学講座を設置した。地域医療構想、医師の確 […]

一橋大学の記事一覧