5つのフィールドから「地球と共に生きる」未来を描いています。

麻布大学のルーツは、明治23年(1890年)、與倉東隆によって東京の麻布(現 港区南麻布)に開設された「東京獣医講習所」にさかのぼります。1950年に麻布獣医科大学として開学、1980年に麻布大学に改称。2015年には125周年を迎えた歴史ある大学です。建学の精神「学理の討究と誠実なる実践」のもと、数多くの研究成果を発表し続け、社会から求められる人材として4万人を超える卒業生を送り出してきました。

麻布大学では地球共生系について、「獣医」、「動物」、「健康」、「食物」、「環境」という5 つの視点から考え、いのちが抱えるさまざまな問題についてより良い解決策を見つけていきます。

→麻布大学公式HP

麻布大学の記事一覧

「イヌとの共生」でメンタルヘルス促進 麻布大学などメカニズム研究

 麻布大学獣医学部動物応用科学科の茂木一孝准教授らの研究チームは、東京都医学総合研究所などが実施して […]

未来共生科学×SDGsを推進 麻布大学環境科学科が新プログラム設置

 麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科は、新しい科学領域【未来共生科学】を提案し、2019年度から […]

麻布大学が「食のデータサイエンティスト」を育成 2022年度から

 麻布大学は、生命・環境科学部食品生命科学科において「食のデータサイエンティスト」の育成を開始すると […]

イヌとヒトの共生メカニズム、麻布大学が新仮説を発表

 麻布大学の菊水健史らの研究チームが、ヒトとイヌが共生を進めることが可能となったメカニズムの新しい仮 […]

麻布大学、長野県小諸市の鹿肉ペットフード開発・販売を支援

 麻布大学は、長野県小諸市が生産したニホンジカ肉を原料とするペットフード「KOMORO PREMIU […]

麻布大学の記事一覧

学部・学科・コース

獣医学部 (定員数:250人)
・獣医学科(定員数:120人)
・動物応用科学科(定員数:130人)
生命・環境科学部(定員数:240人)
・臨床検査技術学科(定員数:80人)
・食品生命科学科(定員数:80人)
・環境科学科(定員数:80人)

問合せ・所在地

麻布大学 広報・IR室
〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
TEL:042-769-2032 (直通)

所在地
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
アクセス
「矢部」駅北口から徒歩 4分