静岡大学情報学部の宮崎真研究室は、スズキ株式会社、上武大学との共同研究により、強い光を受けて「まぶしい」と感じているときの脳活動の過程を脳波計測により明らかにした。まぶしさを生理学的根拠に基づいて評価するための基盤知見となることが期待される。

 夜間の自動車運転中、対向車のハイビームにより、まぶしいと感じるときがしばしばある。このような強い光刺激によって生じる視覚体験を「グレア(glare)」と呼ぶ。グレアは視認能力の低下や不快感をともない、交通事故の原因ともなる。グレアの対策のため、その工学的評価法が提案されてきたが、従来手法では光刺激の物理的要因のみが用いられ、グレアという主観体験を生み出す脳の神経活動は全く考慮されてこなかった。

 そこで研究グループは、脳波計測により、人間がまぶしさを感じているときに活動している脳の部位とその時間帯を調べた。その結果、グレアに関連する神経応答が、右後頭側頭部(光刺激呈示開始の約100ミリ秒後)、左後頭側頭部(同130~300ミリ秒後)、および前頭前部(同180~190ミリ秒後)に観測された。

 右・左の後頭側頭部に観測された脳活動の増大は光の強度や光り輝く質感に関連する神経応答を反映し、前頭前部に観測された脳活動の増大はまぶしさにともなう不快感に関連する神経応答を反映しているのではないかとしている。

 今回、グレアに関係する頭部位と時間帯が判明したことで、物理的要因だけでは測れない個人差も含めたグレアの対策が可能となる。これにより、個人個人のもつ多様な特性に合わせた、快適で安全な運転環境の創出につながり、さらには都市・住宅・家電などでの照明や視覚情報呈示のデザインへの応用も期待される。

論文情報:【自動車技術会論文集52巻5号】主観的グレアに伴う神経生理学的応答—事象関連電位による研究—

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、7学部(1学部は設置認可申請中)を擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点[…]

上武大学

不屈の精神をもって起き上がる「雑草精神」で新たな世界を切り拓く

上武大学は昭和43年に創立した群馬県で最も古い歴史をもつ私立大学。建学の精神「雑草精神(あらくさだましい)」は、いかなる境遇にも耐えて発展する強靭な精神力・体力・生命力を表現。人間教育に立脚した学生中心の普遍的・専門的教育を施し、どのような環境におかれても、実[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。