東京藝術大学は、2019年4月から大学院映像研究科に、ゲームを中心とした制作・研究等を行うことができる2年間のコース『ゲームコース』を新たに開設する。

 新設するゲームコースは、ゲームを芸術の一分野として捉え、ゲームの可能性や映像表現のフィールドを広げることに貢献することを目指す。ゲームコースは、アニメーション専攻およびメディア映像専攻の2年間のコースとして設置される。ゲームに関連する様々な講義や演習、修了制作・研究として、学生自らがゲーム作品の制作・研究を行う。2019年度の募集は、大学院像研究科アニメーション専攻およびメディア映像専攻の入試として1月~2月にかけて実施する。

 映像研究科では「日米ゲームクリエイション共同プログラム」が、文部科学省の2018年度「大学の世界展開力強化事業~米国等との大学間交流形成支援~」に選定された。これを受け、ゲームコースでは、全米1位のゲーム教育の実績を持つ南カリフォルニア大学(USC)映画芸術学部インタラクティブメディア&ゲーム学科、メディアアート+プラクティス学科との共通授業やUSC教員による作品指導等を、5年間継続して行う予定。

 さらに、世界的なゲーム企業である株式会社スクウェア・エニックスなどのゲーム産業界とのコネクションをより強固にし、産業界からの講師派遣、他分野との共同研究など、産学協同を推進し、社会に貢献する人材を育成する。

参考:【東京藝術大学】東京藝術大学ゲームコースの開設について

東京藝術大学

国内外問わず活躍する芸術家、音楽家を輩出し、藝術教育研究の中枢を担う、唯一の国立総合芸術大学。

東京藝術大学は1949(昭和24)年に明治に設立された東京美術学校と東京音楽学校が前身となって設立されました。東京美術学校と東京音楽学校までさかのぼれば120年以上の歴史を持っています。その長い歴史の中で多くの知識や技術を蓄積し、多岐にわたる人材を輩出し続けて[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。