昭和女子大学は株式会社ダイエーと連携し、2019年7月22日から未来の店舗「スマートストア」の実証実験を行う。レジを通さずキャッシュレスで買い物する「ウォークスルー決済」を試みる。

 急速に進むデジタル化、キャッシュレス化を受け、昭和女子大学は、ダイエーと連携して大学の学生ラウンジで「スマートストア」の実証実験を行う。売り場は、2.5メートル×2.5メートルの広さで、菓子類約50品目を販売。クラスメソッド株式会社が開発した「ウォークスルー決済」を利用し、レジのない店舗にする。来店者はアプリでQRコードを表示して入店すると、店内の追跡センサーが来店者を追跡。デジタル陳列棚は、来店者が手に取った商品を重みなどで認識し、スマホにダウンロードした専用アプリと連動して、売り場から出ると自動的にクレジットカード決済される仕組み。

 実証実験では、店内のカメラとセンサーで利用動向をデータ化。学生がコンピューターで分析して先端のデジタルマーケティングを学ぶ。また、期間中は学生が店舗に常駐し、買い物客の視点から、より利用しやすい店舗改善策などを提案することになっている。

参考:【株式会社ダイエー】~ダイエーと昭和女子大学の連携による未来型『スマートストア』の実証実験~「ウォークスルー決済」実証実験の開始について

昭和女子大学

多様性に満ちたスーパーグローバルキャンパスで、人生を切り拓く力を養成

学びを深め、視野を広げる6学部14学科を擁し、高度な専門知識に加えて、社会で活躍するための幅広い力を身につけるためのキャリア教育とグローバル人材育成教育に力を注いでいます。キャリア関連科目は1年次から始まり、インターンシップや就職支援講座も多数開設。ボストン分[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。