昭和女子大学は株式会社ダイエーと連携し、2019年7月22日から未来の店舗「スマートストア」の実証実験を行う。レジを通さずキャッシュレスで買い物する「ウォークスルー決済」を試みる。

 急速に進むデジタル化、キャッシュレス化を受け、昭和女子大学は、ダイエーと連携して大学の学生ラウンジで「スマートストア」の実証実験を行う。売り場は、2.5メートル×2.5メートルの広さで、菓子類約50品目を販売。クラスメソッド株式会社が開発した「ウォークスルー決済」を利用し、レジのない店舗にする。来店者はアプリでQRコードを表示して入店すると、店内の追跡センサーが来店者を追跡。デジタル陳列棚は、来店者が手に取った商品を重みなどで認識し、スマホにダウンロードした専用アプリと連動して、売り場から出ると自動的にクレジットカード決済される仕組み。

 実証実験では、店内のカメラとセンサーで利用動向をデータ化。学生がコンピューターで分析して先端のデジタルマーケティングを学ぶ。また、期間中は学生が店舗に常駐し、買い物客の視点から、より利用しやすい店舗改善策などを提案することになっている。

参考:【株式会社ダイエー】~ダイエーと昭和女子大学の連携による未来型『スマートストア』の実証実験~「ウォークスルー決済」実証実験の開始について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。