立命館大学は、2017年4月、西日本において、私立大学単独として初の教職大学院、大学院教職研究科を開設。同年7月に独立行政法人教職員支援機構と連携協定を締結した。今回、教職員支援機構の近畿地区の拠点として「独立行政法人教職員支援機構立命館大学センター」を設置することなり、2019年8月19日に開所式を行う。

 教職員支援機構は、教育の担い手である教員の資質能力向上を目的に、地方公共団体や大学等と連携を図りながら、教職員に対する研修等、総合的支援を行う。教職員支援機構の「地域センター」は、全国の6ブロックで、各地域の教育委員会等と大学との連携・協働の拠点を担う組織として整備。現在、立命館大学を含む全国の6大学に設置されている。

 立命館大学に開所する「独立行政法人教職員支援機構立命館大学センター」は、近畿地区の拠点として、近隣の教育委員会と連携しながら、高度な現職教員研修プログラムを提供。さらに、教員免許状更新講習や教職大学院の教学との一体化を図る新しい「履修証明プログラム」の開発等、現場のニーズに応える仕組みの構築に取り組んでいく。 教員の養成・任用・研修を一体的に捉えた大きな改革が展開される中、立命館大学としても私立総合学園の特色を活かし、本センターと教職研究科を軸に、教員養成の高度化や教員研修の質向上へ努める。

参考:【立命館大学】独立行政法人教職員支援機構立命館大学センター 開所式のご案内

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。