茨城県と筑波大学、NTT東日本茨城支店、NTT eスポーツは、スポーツ科学とICT(情報通信技術)を融合し、eスポーツの研究開発などを進める産学官連携協定を結んだ。筑波大学が持つスポーツ科学の知見を生かし、新たな文化価値の創造やサービス開発を目指す。

 筑波大学などによると、主な研究テーマは
・eスポーツが心身にもたらす効果
・eスポーツと一般スポーツの互いの影響
・eスポーツで高いパフォーマンスを生み出す栄養、休養戦略
・eスポーツのプレイや観戦が一体感やチームワークの醸成にもたらす影響
・eスポーツの普及を促すイメージ、ブランド戦略
-の5分野。筑波大学とNTT eスポーツが施設や研究ノウハウを提供、NTT東日本がICTの活用を提案する。茨城県はeスポーツの振興を図る「いばらきeスポーツアカデミー」や地元企業、団体との連携を担う。

 eスポーツを活用した健康長寿社会の実現、eスポーツプレイヤーのパフォーマンス向上、eスポーツを通じた茨城県の活性化、eスポーツと一般スポーツの相互関係の構築などを目指すことにしている。

 eスポーツは近年、世界的に急速に普及が進み、若い世代の間で人気が高まっているが、トッププレイヤーは毎日の過酷な訓練に疲れ、早期に引退するケースが目立つほか、ゲームに熱中しすぎて日常生活に問題が生じる「ゲーム障害」が増えている。eスポーツの科学的研究を深め、こうした課題を解決することも狙いに含まれている。

参考:【筑波大学】スポーツ科学とICTの融合により”eスポーツ科学”を推進する産学官連携協定を締結

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。