京都大学の記事一覧

動物の脳・配偶子にヒト細胞の注入は不安 京都大学が意識調査

 京都大学iPS細胞研究所の澤井努研究員らは、国内の一般市民と研究者に意識調査を実施。動物の胚にヒト […]

人類が地上に降りた理由、京都大学が仮説を提示

京都大学の竹元博幸霊長類研究所研究員は、チンパンジーとボノボの観察を通して、森林内気温変化とその季節 […]

京都大学ら、世界で初めてヒトとチンパンジーの脳梁の発達過程を比較

 京都大学の酒井朋子 霊長類研究所研究員、友永雅己同教授らの研究グループは7月14日、中部学院大学、 […]

青色を感じるタンパク質の構造解析に成功、三原色全解明に10年 名古屋工業大学など

 名古屋工業大学大学院の神取秀樹教授らは、京都大学霊長類研究所の今井啓雄准教授との共同研究により、霊 […]

エイズウイルスの感染成立に重要な宿主タンパク質を発見 東京医科歯科大学

 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科ウイルス制御学分野の武内寛明助教と山岡昇司教授らの研究グルー […]

中国正史から読み解いた太陽活動記録が完成 京都大学

 太陽フレアや太陽嵐といった「宇宙天気」や太陽活動の検討では、近代的観測データの不足が問題となる。望 […]

京都大学ら、アンモニア燃料電池で世界最大規模の発電に成功

 京都大学、ノリタケカンパニーリミテド、IHII、日本触媒、豊田自動織機、三井化学、トクヤマは7月3 […]

指定国立大学法人に東北、東京、京都の3大学指定

文部科学省は世界最高水準の教育研究活動を見込める指定国立大学法人に東北大学、東京大学、京都大学の3校 […]

芝浦工業大学と早稲田大学、合同で建築コンペに出場

 大学対抗の建築コンペ「エネマネハウス2017」に、芝浦工業大学と早稲田大学の学生らで構成された合同 […]

非従来型超伝導の先駆け物質、38年を経て電子状態が明らかに

 特定の物質を非常に低温まで冷却すると発現する「超伝導状態」。電気抵抗が突然ゼロになるとともに、外部 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 21