医療の記事一覧

ブロッコリーの新芽に含まれる成分に肥満抑制効果 金沢大学とカゴメ

 金沢大学医薬保健研究域附属脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人准教授らの研究グル […]

脊髄損傷後の運動機能回復に重要な脊髄神経細胞を特定 京都大学ほか

 京都大学の伊佐正教授らの研究グループは、脊髄損傷後早期に脊髄内の神経細胞が運動機能回復に重要な役割 […]

世界初、新生児黄疸の原因となる生体内反応機構を解明

 宮崎大学と久留米大学を中心とする研究グループ(他に埼玉大学・農研機構・大阪大学・久留米高専)は、血 […]

数学と実験の融合研究でC型肝炎治療を加速 九州大学など 

 九州大学大学院理学研究院の岩見真吾准教授、国立感染症研究所の渡士幸一主任研究官らの研究グループは、 […]

臨床実習を前に、医学部で白衣着衣式 山口大学

 山口大学小串キャンパスで、2017年1月27日、臨床実習を開始する医学部医学科の4年生を対象とした […]

ワクチンによる高齢者の肺炎予防効果を世界で初めて解明 長崎大学

 長崎大学熱帯医学研究所臨床感染症分野の有吉紅也教授、森本浩之輔准教授、鈴木基助教らの研究グループは […]

メチル水銀中毒の仕組み解明、水俣病の治療法開発へ 新潟大学

 新潟大学の研究チームは、血管内皮増殖因子(VEGF)が、水俣病で侵される小脳や後頭葉に強く発現し、 […]

遺伝的体質に基づく「脳梗塞発症リスク予測法」新しく開発 岩手医科大学

 岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構生体情報解析部門の清水厚志特命教授、八谷剛史特命准 […]

正常細胞ががん細胞を排除する仕組みを解明、新規治療法の可能性 京都大学

 京都大学の井垣達吏教授らの研究チームは、Sasと呼ばれる細胞表面タンパク質ががん細胞の排除に必要で […]

名古屋大学、1−ケストースによって腸内環境が改善されるしくみを解明

 名古屋大学大学院生命農学研究科 栄養生化学研究分野の北浦靖之助教、下村吉治教授らの研究グループは1 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 25