「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン実行委員会」が2021年6月15日に開催した院内集会「きいてよ!私たちの声~子どもの権利に関する基本法実現に向けて~」において、文京学院大学外国語学部の甲斐田万智子教授が登壇し、子どもに関する基本法および新たな省庁創設への提起を行った。

 近年、子ども庁に関する議論が活発化する中、これまでになく子どもに関する政策に注目が集まっている。今回の院内集会は、衆議院第二議員会館を会場に、日本国内で子どもの権利を広めていくことを目的に活動する「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」実行委員会がその政策提言活動の一環として開催。子どもの権利保障についての考えを子どもたちと国会議員とが共有し、直接対話することで、政策決定に当事者の声を反映する機会となることを願い開催された。

 「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」が求めるのは、①国連子どもの権利条約に基づいた子ども基本法制定と子ども庁の設置 ②子どもの意見を聴き、子どもが社会参加できる制度③親や保護者のエンパワーメント④子どもの権利影響評価の導入⑤子どもの権利委員会からの勧告をフォローする子ども庁、以上5点。

 当日参加した子どもたちは、学校に独立したソーシャルワーカーの設置や、里親の研修、学校以外に多様な学びを教育の選択肢に加えることなどを提案。議員は子どもたちの提案を真剣に聴き、意見交換をした。

 院内集会において、子どもに関する基本法および新たな省庁創設への提起(共同声明の説明)を行った甲斐田教授は、子どもの人権や国際協力などを専門分野とし、国内外で、子どもの最善の利益が確保されるような社会状況の醸成を目的とした研究活動を行っている。

 甲斐田教授は、今後新設される子ども庁に関して、『子ども庁はグローバルスタンダードに沿った観点をもち、独立した子どもの権利擁護・監視機関と合わせて機能する官庁であっていただきたいと思っています。』と期待を寄せた。

参考:【文京学院大学】子どもに関する基本法および新たな省庁創設について提起 子どもの権利保障について考える院内集会に文京学院大学 外国語学部 甲斐田万智子教授が登壇(PDF)

文京学院大学

グローカルな教養と実践力、新しい価値観を生み出せる、21世紀型人材を育成

文京学院大学は、教育理念「自立と共生」を礎に先進的な教育環境を整備し、東京文京区と埼玉県にキャンパスを構える総合大学です。外国語学部・経営学部・人間学部・保健医療技術学部の4学部12学科を擁し、学問に加え、留学や資格取得、インターンシップ、学生委員会など学生の[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。