文部科学省は知識集約型社会を支える人材育成事業のインテンシブ教育プログラムについて、早稲田大学、千葉大学、名古屋商科大学の事業を選んだ。3校には年間5,000万円が最大4年間、支援される。

 文科省によると、インテンシブ教育プログラムは授業科目の精選・統合を進め、学生が同時に履修する授業科目数の絞り込みを進めると同時に、授業科目を週に複数回実施し、質と密度の高い学修を実現する。

 文科省は4月、全国の国公私立大学長に対して公募を行ったところ、国立大学1校、私立大学5校から応募があった。応募内容を日本学術振興会が運営する「知識集約型社会を支える人材育成事業委員会」で審査した結果、3校の事業が選ばれた。

 3校が実施するプログラム名は、早稲田大学が「ソーシャルイノベーション・アクセラレートプログラム」、千葉大学が「インテンシブ・イシュー教育プログラムのモデル展開」、名古屋商科大学が「ケースメソッドを補完するフィールドメソッドを活用した学外連携型の教育システムとアントレプレナー(起業家)の養成」。

 知識集約型社会を支える人材育成事業は、サイバー空間と現実空間を高度に融合させたシステムで経済発展と社会的課題解決の両立を目指すSociety5.0時代に向け、社会や学術の新たな変化や展開に対して柔軟に対応しうる能力を持つ人材の育成を目指している。

参考:【文部科学省】令和3年度「知識集約型社会を支える人材育成事業」メニュ―Ⅲ「インテンシブ教育プログラム」選定結果について

早稲田大学

研究・教育・貢献を3本柱に、「世界で輝くWASEDA」をめざし改革

早稲田大学は、「学問の独立・学問の活用・模範国民の造就」の3つの建学の理念に基づき、答えのない課題に挑む礎となる力を全学生が磨ける比類ない環境を整備。揺るぎない国際競争力を備えた世界トップクラスの大学「世界で輝くWASEDA」をめざし、「研究の早稲田」「教育の[…]

千葉大学

次世代を切り拓く人材を育成。世界に輝く未来志向型総合大学へ

千葉大学は、10学部と7研究科・学府、多数の附属施設のもと専門的な知識や技能及び高い課題解決能力とともに、高い知性や倫理観と豊かな人間性を備え、学際的な視点で国際的に活躍できる人材の育成をめざしています。その基盤となる教養教育の充実と教育活動の国際化を積極的に[…]

名古屋商科大学

フロンティアスピリットを備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成

実践的なビジネススキルを修得する4学部8学科を設置。フロンティア・スピリットの浸透、世界的な視野の習得、ビジネス界に貢献できる能力を持ったリーダーとイノベーションを起こす人材育成のため、質の高い教育を提供しています。「エンロールメント・マネジメント」を導入し、[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。