静岡大学、福井大学とへき地校のキャリア教育を支援する一般社団法人「プロフェッショナルをすべての学校に」は、アバターがランダムにさまざまな意見を出す「バーチャル転校生アプリ」を開発し、2021年12月から小規模学級での授業に活用を始めた。

 静岡大学によると、アプリはパソコンやタブレットの画面上に表示されたアバターが授業中にあえて反対意見や間違った意見を述べ、小規模学級で多様な意見に触れる機会をもたらす仕組み。AI(人工知能)アプリ開発のax株式会社のモーション・ポートレート技術が用いられている。

 このアプリを使用すれば1クラスに5人しかいない小規模学級でも、より多様な意見が出てくることになり、都市部の適正規模のクラスに見劣りしない授業を進めることができる。

 学習指導要領で充実が求められている協働的な学びは、児童生徒の多様な意見の中から気づきを得ることができるが、過疎地域などの小規模学級では学級の適正規模を維持できず、多様な意見に触れることが難しい。そこで、静岡大学などは人間関係が固定され、少数の意見しか出てこない小規模学級向けにアプリを開発した。

 このアプリを利用した公開授業が18日、福井県福井市大味町の越廼中学校で開かれる。向井敏幸教諭の道徳の授業で、報道機関がオンラインで授業を参観する。

参考:【静岡大学】小規模学級向け転校生アバター活用の成果を公表 「バーチャル転校生アプリ」を活用した授業実践のご案内(PDF)

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、7学部(1学部は設置認可申請中)を擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点[…]

福井大学

21世紀のグローバル社会において、高度専門職業人として活躍できる優れた人材を育成

福井大学は「格致によりて人と社会の未来を拓く」を理念に掲げ、学術と文化の拠点として、高い倫理観のもと、人々が健やかに暮らせるための科学と技術に関する世界的水準での教育・研究を推進し、地域、国及び国際社会に貢献し得る人材を育成。教育・医学・工学の分野において、地[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。