産業能率大学と横浜創英中学・高等学校は、交流・連携を推進する「横浜創英中学・高等学校と産業能率大学との高大連携に関する協定」を2022年4月25日に締結した。

 今回の連携協定は、産業能率大学と横浜創英中学・高等学校との交流・連携を通じて、高校生が大学レベルの教育・研究に触れることで、能力や意欲を高めるとともに、相互の教育・研究の充実、発展に資することが目的。

 産業能率大学は、1998年から高校教員を対象に授業力向上を目指したセミナーやワークショップを実施している。2022年度から高等学校も新学習指導要領に移行することから、新たな時代に相応しい高大連携のあり方を推進したいと考えていた。

 一方、横浜創英中学・高等学校は、神奈川県横浜市にある中高一貫教育を行う私立中学校・高等学校で、「『考えて行動のできる人』の育成」を建学の精神とし、2020年に工藤勇一校長着任後、様々な改革が進行されている。カリキュラム改革の一環として、生徒が高校での学びにとどまらない、主体的で、深い学びの実現に向けた高大連携にも取り組んでいる。

 今回、新たな高大連携のあり方を模索する産業能率大学とパートナーを探していた横浜創英高校との思いが合致し、連携協定を締結することとなった。

 今後は、横浜創英中学・高等学校の生徒を対象とする多様な学習機会の提供と教育力向上に向けた支援、横浜創英中学・高等学校が有する教育資源を活用した大学における教育活動の充実、大学による高等学校教育に関する学術的研究の推進などに取り組む。

参考:【産業能率大学】横浜創英中学・高等学校と高大連携に関する協定を締結 ~新学習指導要領下での新たな高大連携を模索する~ 

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。