桜美林大学、早稲田大学、中京大学、駿河台大学の研究グループは、これまで国際的にもデータが限られていた相撲選手の骨塩量と骨密度を提示した研究成果を発表した。体重が増えても、骨は比例して増加しないことが分かった。

 相撲は身体の大きさが勝敗を決める要因になり得る。研究グループの先行研究では、大学相撲選手(平均体重109.1kg)は運動トレーニングの習慣がない男子大学生(平均体重62.0kg)より脂肪組織が25.7kg、骨格筋量が12.4kg、肝臓が1.00kg、腎臓が0.16kgも重かった。しかし、骨塩量(骨含有ミネラル量)や骨密度などの骨に関する相撲選手の報告は限られていた。

 今回、大学相撲選手50名以上を対象にした研究で、重量級グループ(115kg以上)は中量級グループ(85kg以上115kg未満)よりも、全身と腕部・脚部の骨塩量が高いことが判明。一方、体重あたりのそれぞれの骨塩量は、重量級グループで低値だった。

 重量級グループの全身と脚部の骨密度は高かったが、腕部は中量級グループと差がなかった。また、両グループ全体では、体重と全身・脚部の骨密度の間に弱いが有意な正の相関関係があった。

 先行研究の平均体重65.6kgの20代日本人男性と比較して、本研究の大学相撲選手の平均体重は中量級グループで約50%、重量級グループで約100%重かったが、全身の平均骨密度は両グループとも15%前後高い値にとどまった。

 鍛錬した大きな体格の大学相撲選手でも、体重に相応する骨塩量や骨密度は簡単には得られないことが示された。先行研究では、体重100kg超で全身骨塩量増加の鈍化が認められており、今回の研究結果と合わせ、ヒトという動物の骨塩量や骨密度の上限値を探る基礎データになり得るとしている。

論文情報:【Scientific Reports】Characteristics of total body and appendicular bone mineral content and density in Japanese collegiate Sumo wrestlers

早稲田大学

研究・教育・貢献を3本柱に、「世界で輝くWASEDA」をめざし改革

早稲田大学は、「学問の独立・学問の活用・模範国民の造就」の3つの建学の理念に基づき、答えのない課題に挑む礎となる力を全学生が磨ける比類ない環境を整備。揺るぎない国際競争力を備えた世界トップクラスの大学「世界で輝くWASEDA」をめざし、「研究の早稲田」「教育の[…]

桜美林大学
中京大学

国際社会で活躍できる幅広い教養・深い知識・実践力を兼ね備えた人材の育成

10学部20学科を擁する全国有数の総合大学。教育力や研究力の向上、社会連携、国際化、卒業生連携の強化を推進しています。自ら考えて行動することのできるしなやかな知識人や、学術とスポーツのさらなる殿堂を築き上げ、実社会で活躍できる能力や実践力、豊かな人間性を身につ[…]

駿河台大学

学生一人ひとりの夢と歩みに寄り添い、自立へと促す「愛情教育」を実践

駿河台大学は、「愛情教育」を教育の基本的な理念として、昭和62年に創設。現在、法学部・経済経営学部・メディア情報学部・現代文化学部・心理学部の5学部を擁する、人文・社会科学系の総合大学です。少人数制のゼミナールや、一人ひとりの学生をありのままにみつめ、一人ひと[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。