首都大学東京は、2021年度入学者選抜(一般選抜)の実施教科・科目等を公表した。2021年度一般選抜では、全ての学部・学科において後期日程を実施。高大接続、学力の3要素評価の観点から調査書などを合格者の判定に活用する。

 また、大学入学共通テストでは、国語『国語』(※段階別評価の取扱いについては検討中)及び数学『数学Ⅰ・数学A』は、マーク式問題と記述式問題を併用。外部英語検定試験(認定試験)(第1次選抜、第2次選抜のどちらで活用するかは検討中)と大学入学共通テスト「外国語」を併用するとした。

 個別学力検査では、外部英語検定試験(認定試験)の導入に伴い、個別学力検査「外国語」の試験を廃止。これまでと同様、「思考力・判断力・表現力」を評価する記述式の問題を重視する。

 人文社会学部の2021年度入学者選抜(一般選抜)における実施教科・科目等や、全学部の募集人員、多様な選抜における選抜方法等については決定次第、首都大学東京ウェブサイトにて予告公表する。

参考:【首都大学東京】 2021年度 首都大学東京入学者選抜(一般選抜)の実施教科・科目等について(予告)(PDF)

首都大学東京

学問の力で、東京から世界の未来を拓く

東京都立大学は、2020年4月に大学名称を、「首都大学東京」から「東京都立大学」に変更。東京都が設置する唯一の総合大学として、世界トップクラスの大学であり続けるため、教育、学術研究はもとより、国際化、ダイバーシティ、社会貢献などの分野においても、環境の整備を続[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。