ソフトバンク株式会社は、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AI(人工知能)に関する学修・研究に取り組む大学院1年生を対象に、最大で総額1億円の給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」を、2019年4月から2020年3月まで実施。これに伴い、2018年10月からソフトバンクが指定する大学院に2019年4月時点で1年生として在籍予定の学生を対象に、奨学金受給希望者を募集する。

 「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」(奨学金名称:JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金)は、AIの登場で各産業のビジネスモデルや競争環境が大きく変わっていく時代を見据え、今後の各産業の発展を担う「AI人材」の育成に貢献することが目的。ソフトバンクが公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)の「冠奨学金事業※」に寄付した寄付金が奨学金として1年間で最大100人の学生に100万円ずつ給付される。給付対象期間2019年4月~2020年3月。

 募集対象は、ソフトバンクが指定する大学院に、2019年4月時点で修士課程1年生または博士前期課程1年生として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AIに関する学修・研究に取り組む学生。募集方法は、対象の大学院を通して、JEESが2018年10月以降に順次応募を受け付け、書類提出の受付期間は各大学院によって異なる。選考方法は書類選考だが、必要に応じて面接も実施する。

 ソフトバンク株式会社の宮川潤一CTO(兼代表取締役副社長執行役員)は、「AIの学修・研究に取り組む学生を応援するこの奨学金プログラムを通して、より多くの学生にAIに関する分野に興味を持ち、その道を志していただきたいと思っています。また、奨学生には、AIが各産業の在り方を変えていく時代に、AI分野で日本をリードする存在になってほしいと願っています」とコメントした。

※JEESが企業・団体・個人からの寄付をもとに、その名称を冠した奨学金を設立し、学生を支援する事業。

参考:【ソフトバンク株式会社】AIの学修・研究に取り組む学生を対象とした最大で総額1億円の給付型奨学金プログラムを実施

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。