立教大学は、日本初となるAI(人工知能)に特化した大学院「人工知能科学研究科」(修士課程)を2020年4月に開設する。

 アメリカや中国がAI研究開発において世界的な拠点となりつつある昨今。日本国内では人工知能・データサイエンスに携わる人材が大きく不足している。特にAI人材育成の国内の教育機関による取り組みは、数ヵ月間の短期講座や研究室単位での部分的な取り組みに留まっているのが現状だ。

 そんな中、2020年に立教大学が開設する人工知能科学研究科は、人工知能および革新的なビッグデータ解析技術を駆使することで、自然科学・人文社会科学分野に新しい知を創出し、人工知能・データサイエンスを極めた人材を社会に輩出するなど、超スマート社会の実現に積極的に貢献することを目指す。多様な学部を卒業した学生が、第2の専門分野として大学院でAI・データサイエンスを修得できる新しいタイプの大学院だ。 特長は、「機械学習・ディープラーニングの本格的な学習」、「“社会科学×AI”による革新的な研究と人材育成」、「産学連携による社会実装プログラムの充実」、「昼夜開講形式で、社会人も学びやすい環境」が挙げられる。募集定員は63名。選考方法は2019年4月下旬以降に公表予定。

参考:【立教大学】日本初! AIに特化した大学院 人工知能科学研究科を2020年4月に開設

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。