東京藝術大学は2019年4月入学の学部学生、2020年4月入学の大学院生から授業料を年額20%引き上げることを決めた。世界の一流芸術大学と競い合っていくためで、授業料引き上げによる増収を世界のトップアーティストを教員として招聘する費用などに充てる。

 東京藝術大学によると、引き上げ後の授業料は年64万2,960円。現在の53万5,800円から10万7,160円(20%)上がる。2018年4月以前に入学した学部学生や2019年4月までに入学した大学院生は、現在の授業料が継続される。

 授業料引き上げによる増収分は、世界の一流大学と競い合うための教育研究施設、体制の充実のほか、トップアーティスト育成に欠かせない実技指導の強化に重点を置き、学生に還元する。
同時に、値上げで入学を断念する学生が出ないようにするため、大学の自己財源を使って
■引き上げ額を含めた授業料減免の実施
■経済的な理由で修学が困難な学生に向け、給付型の修学支援奨学金の新設
-を進める。

 東京藝術大学は国内唯一の国立総合芸術大学で、創設以来多数の有名芸術家を輩出してきた。澤和樹学長は「世界に類を見ない総合芸術大学としての実力や魅力を存分に発揮し、世界で活躍できるトップアーティストを育成するため、授業料の改定をお願いしたい」とのコメントを発表した。

参考:【東京藝術大学】教育研究環境整備のための授業料改定について

東京藝術大学

国内外問わず活躍する芸術家、音楽家を輩出し、藝術教育研究の中枢を担う、唯一の国立総合芸術大学。

東京藝術大学は1949(昭和24)年に明治に設立された東京美術学校と東京音楽学校が前身となって設立されました。東京美術学校と東京音楽学校までさかのぼれば120年以上の歴史を持っています。その長い歴史の中で多くの知識や技術を蓄積し、多岐にわたる人材を輩出し続けて[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。