プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)は、P&Gマーケッターから戦略的思考を学び、マーケティングプランの立案から実行までを体験できるビジネスコンテスト「マーケッターズ・ハイ2019」の出場グループの募集を2018年11月1日から開始した。優勝グループのプランは実際のビジネスとして立ち上げる。

 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社はこれまで大学3、4年生向けに採用活動の一環としてインターンシップを行っていた。しかし今回開催する「マーケッターズ・ハイ2019」は、採用選考とは関係ない新たな学生向け育成プログラムとして、大学1、2年生(3年生のエントリーも可)を対象に開催する。

 1次審査は約200文字の論文審査で、①全国の大学生にP&Gのことを「あ、この会社好きかも!」と思ってもらうためにどうすればよいか。②自分のチームの「これだけは世界一」と言えるところをアピールする。この2つの課題をグループで考え提出する。2次審査ではP&Gの製品ブランドを用いたマーケティング戦略とプランを立案し、プレゼンテーションを行う。3次審査ではP&Gマーケッターとプランを練り上げ、最終プレゼンテーションを行う。優勝チームのプランには、実施予算300万円を進呈し、その実行までをP&Gがサポートする。1次審査の募集期間は、2018年11月1日~2018年11月30日、2次審査は2019年2月上旬、3次審査は2019年3月上旬を予定。

 P&Gの新たな学生育成プログラムについて、 スタニスラブ・べセラ代表取締役社長は『P&Gジャパン史上初のビジネスコンテストを通じて、グローバルで活躍する人材を育成したいと考えています。この取り組みが、大学生の皆さんの糧になることを願っています。皆さんのアイデアを実現するこの機会をご自身の成長のために、ぜひ活用してください。一緒にマーケッターの頂点に挑みましょう!』と学生たちの参加を呼びかけた。

参考:【プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社】P&Gビジネスコンテスト 「マーケッターズ・ハイ2019」

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。